宅建士の過去問10年分を初めて解くと何点取れるのか?私の場合は●●点でした…というデータを公開

宅建の学習をしているとき、テキストを読み込んでいる段階でとても気になっていたことがあります。

それは、過去問を初めて解いたら、自分は何点くらい取れるのだろうか?ということ。

また、私以外の受験予定の人が過去問を解いたときどのくらいの点数をとれるものなのか…というのも気になっていました。

当時の私と同じように「自分は何点くらい取れるのか?」「他の人は何点か?」ということが気になる人は多いと思います。

そこでこの記事では、私が初めて過去問に取り組み、10年分を1周した時点での得点を公開します。

というのも、自分の学習用に記録しておいたデータが残っていたんです。

たった1人のデータではありますが、あなたの受験勉強の参考になればと思います。

※ついでに、2周目・3周目のときのデータもあったので、載せておきます。

スポンサーリンク

宅建過去問10年分の得点データ 1周目

私は平成25年度試験の受験者だったため、お見せできるのは「平成15年度~平成24年度の10年分の過去問を初めて解いたときの結果」となります。

それではどうぞ。

私の得点合格ライン差分
平成15年度40355
平成16年度40328
平成17年度38335
平成18年度36342
平成19年度38353
平成20年度36333
平成21年度3233-1
平成22年度39363
平成23年度37361
平成24年度33330

表の見方について、念のため解説します。

「私の得点」は私が過去問を解いて取れた点数です。

「合格ライン」はその年度の合格基準点。

「差分」は「私の得点から合格ラインを引いた値」を示しており、これがゼロ以上なら合格で、値が大きいほど良い成績ということになります。

10年分解いてみて、当時の私が思ったことは次のようなことでした。

  • 40点台を目指してテキストの学習をしたつもりだが、結果はギリギリ40点をとれたのが2年分だけ。やはり宅建は一筋縄ではいかない。
  • 良かった点として、10年分のうち、不合格となったのは1年だけだった。思っていたよりも合格の可能性は高いかも。
  • しかし「私の得点」と「合格ライン」の差分が1とか0の年もある。まだまだ、運に左右されて合否が決まる段階だ。この段階を脱して、確実に合格できるレベルに達する必要がある。
  • 一見して、古い年度では差分が大きく、新しい年度では小さくなっている。宅建の難化傾向の表れかもしれない。

参考までに書いておくと、私は過去問10年分を解き始める前に、膨大な時間をテキストの学習・理解に費やしました。

なので、この点数は一般的な学習者に比べてそこそこ良いスコアになのではないか…と推測しています。

宅建過去問10年分の得点データ 2周目

過去問10年分の2周目のデータは次の通りでした。

私の得点合格ライン差分
平成15年度453510
平成16年度423210
平成17年度463313
平成18年度43349
平成19年度44359
平成20年度41338
平成21年度443311
平成22年度473611
平成23年度39363
平成24年度453312

2周目ということで、全ての年度で合格点以上をとれました。差分も大きくなっているのが分かります。

しかし、同じ問題をすでに一度解いているはずなのに、40点台前半に終わっている年度が散見されます。

宅建過去問10年分の得点データ 3周目

私の得点合格ライン差分
平成15年度無し35無し
平成16年度無し32無し
平成17年度無し33無し
平成18年度483414
平成19年度473512
平成20年度473314
平成21年度473314
平成22年度483612
平成23年度483612
平成24年度483315

どういう事情だったか、正確なところは忘れましたが、平成15~18年は3周目をサボったようですね…(^^;)

サボった年度を除けば、各年度とも満点に近い点数が取れており、かなり良い結果です。

まとめ:宅建の過去問は解けないのが当たり前

私が当時、過去問を初めて解いて得た結論は、次のことです。

過去問というのは、自分が期待するほどは解けません。

テキストを丹念に読み込んで、十分過ぎるくらい知識をインプットしたと思っていても、いざアウトプットすると意外に成績が出ないんですよね。

その事実を目の当たりにして、当時の私はかなりショックを受けたのですが、今考えてみれば全く当然のことだと感じます。

というのも、宅建試験は「問題を解く」試験なんです。だから、「問題を解く」行為自体を繰り返し繰り返し練習しないと、点が取れるようにはなりません。

当たり前ですね(^^)

逆に言えば、あなたが初めて過去問に取り組んだとき、1周目の成績が思ったほど良くなかったとしても、あまり心配しなくて大丈夫です。

期待通りのスコアじゃなくても、2周、3周と繰り返せば、自然に力はついていきます。

過去問の反復練習を地道に積み重ねて、知識の定着・再理解を図っていきましょう。

【追伸】自分を追い詰めずに、過去問をハッピーに解くには

私自身は独学をしていたので、自宅に引きこもって、毎日机に向かって過去問を解いていました。

毎日薄暗い部屋で過去問を解く作業は、地道過ぎて辛いと感じることもありました(^^;)

過去問を解く作業は同じ行為の繰り返しなので、精神に来るものがあるんですよね…。

でも、近頃は通信講座のフォーサイト宅建士講座スタディング宅建士講座を利用すれば、スマートフォンを使ってでいつでもどこでも、気軽に過去問に取り組むことができます。

スマホで勉強できるなら、カフェなど気が滅入らない場所でも勉強できますし、学習時間の確保も簡単。

ゲームアプリの感覚で過去問に取り組めるので、明るい気持ちでサクサクと進んでいきます。

孤独になって根性論で頑張るのは、かえって効率が悪いです。

少しでもハッピーな気持ちで過去問を解きたいな~という人は、フォーサイト宅建士講座やスタディング宅建士講座を使ってみると良いと思います。

なお、私自身も実際に購入して試しました。どちらも自信を持ってオススメできる素晴らしい講座です。

レビュー記事を書いておきましたので、ぜひそちらも参考に。

フォーサイト宅建士講座を3か月間使ってみた感想!インプット・アウトプット・直前対策までカバーする「バリューセット2」は○○な人にオススメ
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座を実際に使ってみた私の口コミ・評価・感想です。画像も19枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳細に解説しています!
スタディング宅建士(通勤講座)の口コミ評価特大版!動画2つと画像39個★多忙な人に超おすすめのウェブ講座です!
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の口コミです。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介。ぜひ通信講座選びの参考に!

この記事はあなたのお役に立ちましたか? よろしければ、SNS やブログ等でご紹介をお願い致します。

情報を必要としている一人でも多くの人に読んでいただき、「良かった!」「助かった!」と思ってもらうのが私の願いです。

あなたのお力をお借りできれば嬉しく思います。

コメントや質問・要望なども励みになりますので、お手すきの際にお寄せくださいませ。

お読みいただき、ありがとうございます(*^o^*)

独学で宅建士
Kiryuをフォローする
スポンサーリンク
キリュログ

コメント