宅建士は過去問だけで合格できない!本当に必要な試験対策とは?

「宅建士試験は過去問だけで合格できるんでしょ? 楽勝!」

「宅建士試験ってほぼほぼ過去問の焼き直しだって講師の先生が言ってた。だから過去問を集中的に解いておけば大丈夫!」

「合格した人の話だと過去問が全てらしい! 過去問で合格できないヤツはバカだってww」

宅建士試験は、過去問を完璧にすれば合格できる。そう語る人が大勢います。だから、あなたがそれを真に受けてしまうのも無理ありません。でも、私がここではっきりと指摘しておきます。

「過去問だけで合格できる」は真っ赤なウソです。信じるべきではありません。

宅建士試験に過去問だけで合格できないことは、試験そのものの構造や歴史・現状を観察すればすぐに分かることなんです。しかし多くの人は宅建講座の講師など権威をもった人物が「過去問だけでOK!」と言うと、ついその言葉を信じてしまいます。

そこで今回は、過去問だけでは合格できないという真実を明確に指摘していきます。この記事を読み進めていくと、あなたには次のメリットがあります。

  • 「過去問だけで受かる」と仮定すると説明できない事実があると分かる
  • 「過去問だけで受かる」という言説の歴史的位置づけが分かる
  • 過去問以外に何をすれば宅建士試験に合格できるのかが分かる

この記事の書き手である管理人Kiryuは、宅建士試験の受験生だった頃、「過去問だけで合格というのは何か変だぞ?」と感じ取りました。そうして自分なりに考えて施策を打つことで、宅建士に一発合格できたのです。以下で私が感じ取ったこと・考えたこと・対策したことをまとめています。あなたの合格にもきっと役に立つはずです。

スポンサーリンク

「過去問だけで受かる」としたら説明できない事実

「過去問だけで合格できる」という合格法は、宅建士資格の世界では非常によく知られています。おそらく全ての受験生が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。「○○だけで合格」というのは分かりやすく耳触りが良いので、多くの人の心に刺さるようです。

でも本当に過去問だけで合格できるとしたら、宅建士試験の合格者が毎年15%程度にとどまるのは何故なのでしょうか? 宅建士試験は毎年20万人が受験し、たった3万人しか合格していません。不合格となった17万人の人達も皆、「過去問だけで合格できる」という言葉を聞いたことがあったはずです。彼らは過去問に取り組まなかったのでしょうか? あるいは、過去問の有効性は信じていたけど、十分に勉強する時間がとれなかったのでしょうか?

私はどちらも違うと思います。不合格となった17万人の中には、過去問を何周も回し、100%の正解率になるまで仕上げたという人が何万人もいたのではないでしょうか。もちろん、17万人もいれば過去問に対する態度は人により様々だったことは疑いがありません。過去問には全く手をつけずテキストだけで受験した人もいれば、過去問に取り掛かったが1周するかしないか程度で終わった人もいたでしょう。

とはいえ、17万人もの人の中には、ひたすら真面目に過去問に取り組み、過去問であれば100%正解することができるようになった人達が数万人はいただろう、そう推測しても不自然ではないと思います。そして彼らは「もう大丈夫、過去問をみっちりやり込んだから、これで合格は間違いない」と信じていたかもしれません。しかし勝利の女神は彼らに微笑まず、彼らを不合格の谷底へと突き落としています。

「過去問だけやれば合格できる」が真実だとすれば、彼らの不合格は一体どうやって説明すればいいのでしょうか。いいえ、何一つ合理的な説明は与えられないのです。つまり、「過去問だけ~」という言説は、そもそも間違っているのです。

確かに昔は過去問だけで合格できた

「過去問だけで~」という一文は、もし文の終わりが「過去形」だったら真実だと言えます。10年くらい前までなら、確かに過去問を繰り返し解いていれば、それだけで非常に高い確率で合格できたんです。宅建士試験はかつてはやさしい試験でした。

しかしながら、それまでは知る人ぞ知る勉強法だった「過去問だけしっかり取り組めば合格する」という言説は、次第に広く知られるようになりました。そうすると、当然ですが過去問を熱心に解く受験生が増加します。受験生のレベルが向上すると、それに合わせて試験そのものも難化していきます。

このようなプロセスを何年も繰り返した現在では、宅建士試験を過去問だけで攻略することは困難になってしまいました。それくらい受験生全体の知識水準が底上げされ、試験の難易度も高まったのです。

このような経緯で、「過去問だけで合格できる」という合格法は過去のものになったのですが、今でも同じ合格法を提唱し続けている人もいます。しかし彼らが試験に合格したのはいつ頃かをよくよく調べてみると、10年前・20年前の合格者だったりするのです。つまり、大昔の自分の経験だけをもとに「こうすれば合格できる」と言い続けているのです。

以上のことから、「過去問だけで合格できる」は、いったん忘れてしまったほうが身のためです。あなたはあなたの時代にあった勉強法を淡々と実行し、合格を勝ち取らなければなりません。

現代の宅建士試験で有効な勉強法は?

すっかり難易度が高まってしまった現在の宅建士試験では、過去問12年分程度を完璧に仕上げるというのは、合格者であれば誰でもやっていることになっています。つまり、過去問演習は、せいぜい「合格するために最低限必要な作業」でしかないのです。それでは、合格のためには過去問以外に何が必要なのでしょうか?

過去問は一度は試験に出た問題です。一度出題された問題は、基本的に同じ形でもう1度出題されることはありません。とすれば、「次に出るであろう問題」を攻略することが、宅建士試験を攻略することであると言えます。そこで役立つのが、資格対策予備校が出している予想問題集(模擬試験)です。

予想問題集は、予備校各社が過去の出題履歴を徹底的に分析し、次はこの分野がこんな形式で出るはず!という出題予想のエッセンスを詰め込んでいます。そしてその出題予想は当たります。(市販の予想問題集を購入すると、冒頭で「昨年度もこんなに的中しました!」と詳しく紹介されていることが多いです。)

といっても、1冊の予想問題集で「見事!」と言えるくらいに的中するのは、片手か両手で数えるくらいの少数の肢かもしれません。でも、本試験では1肢の正誤が判定できれば1つの問が正解できることもよくあります。また、予想問題集のやり込みを数冊重ねることにより、自分の中に「当たり」の肢がストックされていくわけですから、数問という単位で本試験の得点アップに繋げることができます。

このブログの他の記事では市販の予想問題集を購入することを勧めていますが、ここではさらに別の選択肢もご紹介しましょう。それは、予想問題集が込みになった通信講座を使うという選択肢です。フォーサイトの宅地建物取引士講座のバリューセット(または「過去問講座」単品)を購入すると、教材のひとつとして「模擬試験」1回分が届きます。

「模擬試験」はフォーサイト宅建士講座のオリジナル予想問題です。9月上旬頃、あなたの自宅に郵送されてきます。この模擬試験を何度も解き、解答・解説を読み込んでおくことで、「過去問だけで合格できる」と信じている人達に大きな差をつけることができます。結果的に、あなたの合格可能性を飛躍的に高めてくれるのです。

これまで通信講座をあまり検討してこなかった人は、いきなりフォーサイトと言われても面喰らってしまうかもしれません。フォーサイト宅建士講座は、受講者の合格率が毎年6割にも上る実績を持っています。さらに2018年にはオリコンの宅建士通信講座ランキングで1位を獲得しており、通信講座利用者から厚い支持を得ていることが分かります。

私自身も実際に購入して使ってみたのですが、フォーサイトの教材は質・量ともにかなり充実しており、とても気に入っています。このブログを見ていただいているあなたにもぜひ勧めたいと思っているので、詳しいレビュー記事を書きました。ぜひ一度見てみてください。

フォーサイト宅建士通信講座の口コミ・評判が分かる10記事まとめ!
フォーサイト宅建士通勤講座が気になるあなたへ、口コミ・評判・使用感をまとめた10件の記事を贈ります!

この記事のまとめ

以上、過去問だけで宅建士試験に合格できるのかどうかについて、私の考えをお伝えしてきました。この記事のポイントをまとめておきます。

  • 過去問だけで合格できるというのが真実だとすると、過去問を一生懸命に解いて完璧に仕上げたのに合格できなかった人がいることを説明できない
  • 過去問だけで合格できた時代もあったが、既に過去の話である
  • 過去問演習はせいぜい「合格するために最低限必要な作業」でしかない。別途予想問題集を利用する必要がある

「過去問だけやっていると落ちる」。この真実に早く思い至るのが、合格への近道です。そして次のステップを怠らないでください。資格予備校・講座が出している出題予想に触れておくこと・馴染んでおくこと・頭に叩き込んでおくこと。これが、あなたが取れる唯一にして最も効果的な試験対策なのです。

★ ★ ★

合格可能性を飛躍的に高める「時間との付き合い方」を熟知しましょう。次の記事をどうぞ!

宅建士合格に必要な勉強時間と最適な学習開始時期は? 初心者にとって分かりづらい「スケジュール感」を徹底解説!
宅建士試験の対策に必要な時間はどのくらい? 何月から学習を開始するのが良い? 2週間で合格できる方法は本当? 独学一発合格の管理人が全力でアドバイスします。

コメント