「宅建の独学が無理な人」の2大特徴と、具体的対処法

「宅建の独学が無理な人」の2大特徴と、具体的対処法

宅建試験に一発合格した宅建士Kiryuです。

今回は宅建試験に独学で合格するのが無理な人の2大特徴と具体的対処法をお伝えします。

というのも、「毎年たくさんの人が独学で宅建試験に挑戦し、失敗している」という現実があります。

なぜ毎年同じことが繰り返されるのだろう?と考えたとき、「そもそも独学という学習方法が最適でない人もいるのに、そのことが周知されていない」ということに気が付きました。

そこで、この記事では独学合格が無理な人の特徴を明確にしつつ、「では、どうしたらいいのか?」を述べていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

宅建の独学が無理な人の特徴2選

宅建に独学で合格するのが無理な人の特徴は、主に次の2つです。

  • 勉強があまり得意ではない
  • 仕事/学業/家事が忙しすぎる

以下で詳しく説明しつつ、対処法もお伝えします。

勉強があまり得意ではない

宅建に独学で合格するのが無理な人の特徴の1つめは、「勉強があまり得意ではない」です。

率直に言って、宅建試験に独学で合格できるのは「勉強が得意で、その自覚がある人」だけだと私は思っています。

逆に、勉強がそもそも得意でない人が独学で合格できる可能性は、かなり低いと言わざるを得ません。

* * *

何しろ、数か月かけて300時間(あるいはそれ以上)の時間を勉強につぎ込むんです。

毎日欠かさず2時間ずつ勉強しても、5か月くらいは必要になります。

その間、誰かに相談をしたりアドバイスをもらったりできるわけでもなく、たった一人で学習を積み重ねいく。

そんなこと、ちょっとやそっとの意志力では実現できません。

できるとすれば、もともと勉強が得意で、コツコツと努力を続けることに抵抗がなく、「勉強って楽しい」とすら思ってしまう人でしょう。

* * *

では、勉強があまり得意でない人が宅建試験に合格するにはどうしたらいいのでしょうか。

答えは簡単で、「勉強を楽しみながら継続できる教材」を使うべきです。

個人的には、通信講座のフォーサイト宅建士講座が非常に良いと思います。

私はフォーサイト宅建士講座を購入し実際に受講した経験があるのですが、そうする中で気づいたフォーサイト宅建士講座の特徴は次の3点です。

  • フルカラーで文字数も少なく、雑誌を読むような感覚でテキストを読める(→勉強を楽しめる)
  • 美少女Vtuberの講義も楽しめる(→勉強を楽しめる)
  • 受講生専用アプリで学習スケジュールを自動作成できる(→勉強を継続できる)

「フルカラーで文字数も少なく、雑誌を読むような感覚でテキストを読める」については、次の記事で詳しくお伝えしています。

フォーサイト宅建士講座 テキストのメリット・デメリットは?
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座のテキストを画像付きでレビューしました。使ってみて感じたメリット・デメリットをシェアします。合格率が高いのもうなずける品質の高さです。

「美少女Vtuberの講義も楽しめる」については、次の記事に書いています。

フォーサイトのバーチャル講師とは?美少女の講義をレビュー
通信講座フォーサイトの「バーチャル講師」体験レビューです。受講している様子を画像つきでお伝えしつつ、実感したメリット3点をまとめました。バーチャル講師の授業を受ける方法も解説しています。

「受講生専用アプリで学習スケジュールを自動作成できる」については、次の記事が参考になるはずです。

フォーサイトの新eラーニングManaBunとは?徹底レビュー
通信教育フォーサイトのeラーニング ManaBun を紹介します。インプット学習からアウトプット学習までスマホ1つで完結してしまう神アプリ、爆誕!

フォーサイト宅建士講座を使えば、たとえ勉強が得意ではない人であっても、楽しみながら試験対策を継続できます。

そうすることで「勉強が得意な独学者」と同じスタートラインに立てるわけです。

加えて、通信講座なので教材のクオリティは市販のものより圧倒的に高く、独学者よりも有利な戦いが可能になります。

勉強があまり得意ではない人も、上記のような対策をとることで合格可能性を一気に高められるんです。

仕事/学業/家事が忙しすぎる

宅建に独学で合格するのが無理な人の特徴の2つめは、「仕事/学業/家事が忙しすぎる」です。

繰り返しになりますが、宅建試験に合格するには、毎日2時間の勉強を5か月間継続するくらいの学習量が必要です。

そんな時間を、「フルタイムで勤めているサラリーマン」や、「課題や実習が多めの研究室に所属している学生さん」や、「ワンオペ家事・育児で毎日てんてこ舞いの女性」が捻出できるのでしょうか。

現実的には、相当難しいはずです。

* * *

では、仕事/学業/家事が忙しすぎる人が宅建試験に合格するにはどうしたらいいのでしょうか。

答えは簡単で、「スキマ時間を最大限有効に使える教材」を使うべきです。

個人的には、オンライン通信講座のスタディング宅建士講座が最適だと思います。

私はスタディング宅建士講座も購入し実際に受講した経験があるのですが、そうする中で気づいたスタディング宅建士講座の特徴は次の3点です。

  • 原則として紙の教材が無く、全カリキュラムがスマホによるオンライン受講に対応
  • わかりやすい「基本講座」で効率よくインプットできる
  • 「3つのオンライン問題集」に備わった充実の機能を使ってムダを省ける

上記の特徴の詳細は、受講後に書いた次のレビュー記事で詳しくお伝えしています。

スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。

スタディング宅建士講座を使えば、たとえ仕事/学業/家事が忙しすぎる人であっても、スキマ時間の全てを学習チャンスに変えられます。

勤め人の方であれば、通勤時間やお昼休憩の時間を。

学生さんであれば、通学時間や学内での移動時間を。

主婦の方であれば、洗い物の時間や洗濯ものを干している時間を。

スキマ時間をかき集めれば、1日1時間は絶対に確保できますし、トイレやお風呂の時間を使ってもう1時間確保することも非現実的ではありません。

忙しすぎて時間が無いと思っていた人でも、上記のような対策をとることで合格可能性を一気に高められるんです。

独学にこだわる人へ

「いやいや、フォーサイトもスタディングも、通信講座でしょ? 私は独学が良い。独学にこだわりたい」

そんなふうに思う人もいるかもしれません。

でも、私からすれば「なぜ?」と少し不思議に思います。

最終的に「宅建試験に合格する」というゴールにたどり着けるなら、本来勉強の手段は何でも良いはずです。

宅建試験の合格率は、ざっくり言うと15%。

「独学で絶対に上位15%に入る自信がある!」というのであれば構いませんが、そうでないのなら独学以外の方法を検討する余地は十分にあります。

* * *

通信講座は少しお金が余分にかかるから避けたい、という声もあるでしょう。

でも、そういう人は「合格で得られるものの大きさに比べて、通信講座のコストがいかに小さいか」ということを見誤っていると思います。

どういうことかを説明したいので、少しだけ私の話をさせてください。

私は30歳の頃、「全くどこにも雇ってもらえない無職男性」という絶望の淵にいました。

職歴もほぼ無いに等しく、「人生詰んだ」という言葉が私を押しつぶそうとしていました。

しかし、宅建試験に合格してからは状況が一変します。

あっという間に、小規模な不動産管理会社に就職が決まりました。

その後数年勤めた後、何度か転職することもできました。

最終的に、日本の一流企業の子会社で、ホワイトな正社員として働くまでに至りました。

宅建という資格は、詰みかけた人生を逆転させてしまうほどの破壊力を持っているんです。

* * *

もちろん、誰もがかつての私のように人生が詰みかけているわけではないでしょう。

それなりに順調な人生の人は「宅建がとれたところでそんなに大きなインパクトはない」と感じるかもしれません。

それでも、宅建が取れれば「今勤めている会社で資格手当をもらえるようになる」とか、「昇進ができる」とか、「復職・転職ができる」といった結果につながり、十万円~数十万円の年収アップが見込める。

そういう人は多いのではないかと思います。

宅建の合格で得られるものは、金銭的なメリットだけを考えても通信講座の受講料の何倍もあるのです。

将来手に入る豊かさのことを思えば、通信講座にかかるコストは無視できるほど小さい。というか、タダ同然。

私はそんなふうに考えます。

独学が良いのか、それとも通信講座が良いのか。あなたも考えてみてください。

この記事のまとめ

今回は「宅建の独学が無理な人の2大特徴と具体的対処法」というテーマでお伝えしました。

内容を復習すると、2大特徴と具体的対処法は次の通りです。

勉強があまり得意ではない
勉強を楽しみながら継続できる教材を使うのが良い。具体的には、フォーサイト宅建士講座がおすすめ
仕事/学業/家事が忙しすぎる
スキマ時間を最大限有効に使える教材を使うのが良い。具体的には、スタディング宅建士講座がおすすめ

以上、参考になれば嬉しいです。

▼こちらの記事も人気です▼

一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。
フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。
スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。