宅建士の問題集。「おすすめ・ランキング」に頼らない選び方2019【有料公開】

宅建士の問題集。「おすすめ・ランキング」に頼らない選び方

こんな悩みや疑問に答えます!

悩みや疑問

問題集? 過去問集? 一問一答? どれを買えばいいの?

悩みや疑問

過去問は年度別と分野別、どちらがいいの?

悩みや疑問

どの予備校が出している問題集を買えばいいのか分からない!

あなたは知っていますか?

宅建試験は、テキストを100回読んだとしても、決して合格できません。

これは、宅建試験に一発合格した私が心の底から感じていることです。

なぜか? 理由はすごく簡単で、宅建試験は「テキストを読む」試験ではなくて「問題を解く」試験だからです。

確かにテキストの読み込みは必要ですが、基礎固めに過ぎません。試験に合格したいなら、あなたは「問題を解く」ことを最も重視し、その訓練を積み重ねていく必要があります。

宅建士の学習において過去問演習が重要な意味を持つ以上、「問題集」は合格するためには必要不可欠な教材です。そこで、この記事では宅建士の問題集の選び方について、私の考えをお伝えしたいと思います。

世の中には根拠不明の「おすすめ問題集」や「問題集ランキング」といったものもありますが、それらに依存することなく自分で問題集を選べるようになるためのヒントです。私は宅建士・管理業務主任者のいずれも一発独学合格していますので、その経験に基づいて述べていきます。

記事を読み進めていくと、あなたは次のメリットを得られます。

  • 入手する必要のある問題集の種類と冊数が分かる
  • 年度別過去問・分野別過去問のどちらが良いか分かる
  • どの予備校が出している問題集を買えばよいか分かる

以下の内容を、一度でいいので最後まで読んでいただければと思います。そうすれば、あなたが問題集に関して抱えていた疑問や不安、迷いといったネガティブな感情は一切解消することでしょう。

気持ちがスッキリした後は、「問題集を購入して、解く」ということに意識を集中してください。問題演習を繰り返し、実力を今の何倍にも高めるというサイクルに入れば、「合格」という名のゴールは見えたも同然です。

この記事の続きはnoteで有料公開しています。これから問題集・過去問を選ぼうとしている方は、絶対に役に立つ内容です。

問題集の選び方を教えてもらえるなら、Kiryuにコーヒーくらいおごってやってもいいかな!とお思いのあなたへ。記事の金額は¥300です。ぜひ購入して読んでみてください(^^)

宅建士の問題集。「おすすめ・ランキング」に頼らない選び方2019|Kiryu|note
あなたは知っていますか? 宅建試験は、テキストを100回読んだとしても、決して合格できません。 これは、宅建試験に一発合格した私が心の底から感じていることです。 なぜか? 理由はすごく簡単で、宅建試験は「テキストを読む」試験ではなくて「問題を解く」試験だからです。 確かにテキストの読み込みは必要ですが、基礎固...

コメント