【実体験】宅建の独学に必要な費用は?【答え:12,000円】

宅建試験に合格済みの宅建士Kiryuです(*^o^*)

今回は宅建の独学に必要な費用についてお伝えします。

私自身、独学で勉強して合格したのですが、できるだけコストを抑えることを意識しました。

結果として、非常に安い金額で高得点を取って合格できましたので、その経験をもとに話したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

宅建の独学に必要な費用

最初に結論をお伝えすると、宅建の独学に必要な費用は約12,000円です。

私は実際にその程度の金額で合格しましたし、独学を目指す人は誰であってもこの金額で十分だと思っています。

以下で費用の内訳を確認しましょう。

テキスト1冊

内訳の1点目は、テキストです。

宅建の独学用テキストは書店やAmazonで購入できますが、3,000円前後のものが多く、その中で自分に合ったものを1冊購入します。

過去問題集1冊

内訳の2点目は、過去問題集です。

宅建の過去問題集も、テキスト同様、書店やAmazonで購入できます。

独学の場合、過去問題集は10~12年分が収録されているものが1冊あれば十分です。

金額は3,000円前後です。

予想問題集3冊

内訳の3点目は、予想問題集です。

ここでいう予想問題集とは、模擬試験が3回分か4回分ほど収録されたもののことを指しています。

予想問題集は、3冊ほど用意することを私はオススメしています。

1冊あたり2,000円くらいなので、3冊で6,000円です。

* * *

以上、宅建の独学に必要な教材として、「テキスト1冊」「過去問題集1冊」「予想問題集3冊」を挙げました。

合計で12,000円となります。これが宅建の独学に必要な費用です。

私は上記の教材のみで50点満点中40点(宅建試験としてはそこそこ高い得点です)を取って合格できました。

その具体的なやり方については、勉強法の記事で解説した通りです。

INFO

テキスト・過去問・予想問について実際の商品の情報を見てみたい場合は、下記で検索できます。

「宅建+テキスト」を検索
Amazon 楽天 Yahoo!
「宅建+過去問題集」を検索
Amazon 楽天 Yahoo!
「宅建+予想模試」を検索
Amazon 楽天 Yahoo!

上記以外のものは不要、その理由

「いや、たったそれだけの費用と教材で合格できたら苦労しないよ」

「たとえば一問一答集を買って解いたり、重要論点集を買って読んだりしたほうがいいんじゃないの?」

上記のような意見もあると思いますが、私は反対です。

理由は2つあります。

テキスト・過去問・予想問だけでもかなりの時間を使う

反対の理由の1つ目は、テキストを読んで、過去問題集1冊を5周くらい回して、予想問題集3冊を数周回したら、それだけで300~400時間はかかってしまうということです。

宅建試験の合格に必要な勉強時間は「300時間程度」とか「少なくとも300時間」などと聞いたことがある人もいると思います。

では上記で私が挙げた3種類の教材をこなすのにどのくらい時間がかかるかと言うと、じっくりやり込めば300時間くらいは余裕で使ってしまうんですね。

なので、他の教材に時間を使っている暇はないはずだと思います。

他の教材は得点アップに対する効果が小さい

反対の理由の2つ目は、一問一答集や重要論点集といった他の教材は、実は宅建試験の得点アップの効果がそれほど期待できないということです。

あなたもおそらく知っている通り、宅建試験は「四肢択一式の試験問題を解く」ことで得点できる形式の試験です。

ということは、「四肢択一式の試験問題を解くトレーニング」を積み重ねることが、得点アップに対しては最も高い効果があります。

では「四肢択一式の試験問題を解くトレーニング」に最も合致している勉強は何かといえば、「過去問題集を解くこと」と「予想問題集を解くこと」です。

この2種類の教材を回すことこそ最も重要度が高いのだ、と認識しましょう。

次に、これら2種類の問題集を解くために必要な基礎知識を得るために使うのが「テキスト」という教材です。

基本的な内容がわかっていないと問題を解こうにも解けませんので、テキストを読むことの重要度もそれなりに高い、と考えてください。

ここまでをまとめると、過去問演習と予想問演習の重要度がMAXで、テキストを読むのがその次に重要、ということです。

* * *

今確認した3種の教材とは対照的に、「一問一答集を解く」とか「重要論点集を読む」といった勉強は、得点アップに対してあまり貢献しません。

繰り返しになりますが、宅建試験は「四肢択一式の試験問題を解く」ことで得点できるわけで、合格したければ「四肢択一式の試験問題を解くトレーニング」を中心に実施する必要があります。

ところが、「一問一答集を解く」とか「重要論点集を読む」といった行為は、そういうトレーニングにならないのです。

一問一答の問題集は四肢択一の試験問題とは似ても似つかない形式ですし、重要論点集を読むことは問題演習にすらなっていません。

なので、やったところで得点力の向上をそれほど期待できないと言えます。

* * *

成果に直結する「テキスト」「過去問題集」「予想問題集」に、自分の時間と労力を集中しましょう。

仮に一問一答集や重要論点集に取り組むとしても、それは「テキスト・過去問・予想問で十分に得点力をつけて、他にやることがなくなったらやってもいいかな」くらいに考えて良いと思います。

この記事のまとめ

今回は宅建の独学に必要な費用についてお伝えしました。

ポイントを復習すると、次の通りです。

  • 宅建の独学に必要な費用は「12,000円」である
  • 12,000円の内訳は、テキスト1冊3,000円、過去問題集1冊3,000円、予想問題集3冊6,000円
  • 一問一答集や重要論点集に取り組むよりもテキスト・過去問・予想問に集中するべきである

以上、参考になれば嬉しいです。

▼こちらの記事も人気です▼

一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。
フォーサイト宅建士講座の口コミ・評判は?実際に受講してわかったこと
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座の口コミ・評判17件を紹介します。そして、その内容が正しいのかどうかを実際に受講して確かめました。詳しくは本文で。
スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。

コメント