宅建に受かる気がしない人は、勉強法をミスってる件【解決策あり】

試験日が刻一刻と迫ってきているけど、全く宅建に受かる気がしない… 皆こんなものなの?
何か対策があれば教えて欲しいかも。

この記事では、宅建に受かる気がしない人のために「合格するための正しい勉強法」について伝えます。

この記事を読んで実践すれば、あなたは「受かる気がしない…orz」から「受かる気しかしない!w」に変化することが可能です。

実際、私自身は「受かる気しかしない!w」と感じて一発独学合格できましたので、ぜひ参考に。

スポンサーリンク

宅建に受かる気がしないのは、勉強法をミスってるから

「宅建に受かる気がしない」と感じている人は、勉強法が間違っているか、不十分かのどちらかです。

というのも、合格に必要な勉強法をきっちりやれば、少なくとも「俺、受かるかも」と感じるはずだから。

そういう気持ちになれないということは、何かをミスっています。

「そんなことは無い!毎日それなりの勉強はしているよ」と反論したくなる人もいるかもしれません。

では聞きますが、あなたは過去問10年分を3~5周解いて、40点台を取れているでしょうか。

おそらく、あなたの答えは「いいえ」だと思います。

まだ過去問はやっていないとか、せいぜい1周しかしていないとか、そのくらいの状態なのではないでしょうか。

その段階では、「受かる気がしない」と感じるのは当然です。

過去問を3~5周もすると気持ちが変わります

宅建に合格したければ、過去問を3周から5周ほど解く、というところまでを1セットと考えましょう。

というのも、過去問は1周したくらいではメチャクチャ間違えるからです。

不正解が多ければ、「自分には合格点なんかとれっこない」と感じるのも仕方ありません。

でも不思議なもので、2周目、3周目と回を重ねていくうち、正解率はドンドン上昇します。

実際、私も1周目は合格点ギリギリとるのがやっとというレベルでしたが、3周目には40点台後半をとれるようになっていきました。

それくらいの点数がとれるようになると、「あれ?俺受かるんじゃね?」という気持ちにだんだんと変わってきます。

あなたもまずは過去問を3~5周して、40点台をとれるようになるところを目指すべきです。

テキストが不要という意味ではありません

私が過去問を重視してほしいというと、テキストを省略していきなり過去問を解けば良いと誤解する人もいますが、そういう意味ではありません。

過去問を解くための知識を得るために、テキストを使ったインプット学習は必須です。

インプット学習のあとに、アウトプット(過去問演習)をする。この順番は間違えないようにしてください。

さらにレベルアップするには「予想模試」が最適です

過去問を3~5周解いて、40点台が取れるようになったら「俺受かるんじゃね?」と感じられると言いました。

でも、「受かるんじゃね?」と「受かる気しかしない」の間には差がありますね。

「受かるんじゃね?」というのはせいぜい「期待」ですが、「受かる気しかしない」のは「確信」です。

できることなら、期待を確信に変えてから、受験に臨みたいですよね。

そこで利用してほしいのが、予想模試(予想問題集)です。もうこのブログでも何回言っているか分かりませんが、大事なので何度でも言います。

予想模試は、本試験に良く似た形式で、模試1回あたり50問が用意されています。

予想模試を繰り返し解いておくと、実力が相当につきます。自分で自分の実力が高まったことが分かれば、自然と「自分が受からないはずがない」と感じるようになります。

ちなみに、私自身は、予想模試は10回分を3周程度やりました。

予想模試10回分を3周というのは、宅建試験の合格のためにはやや「やり過ぎ」だと思います。

ですが、それくらいの物量をこなすと「俺くらい勉強しているヤツは相当少ないから、こりゃ受かるわw」という気持ちになれます。

実際、私は本試験で40点取れて一発合格ができました。

あなたも「受かる気がしない」から「受かる気しかしない」に変われます

以上の方法を実践すれば、あなたが今現在「受かる気がしない…orz」と感じていたとしても大丈夫。

あなた次第で「受かる気しかしない!w」に変えることが可能です。変えていきましょう。

今日からは学習法を「過去問・予想模試演習重視型」に切り替えて、試験日まで気を抜かずに勉強していただければと思います。

試験日まで数か月の時間がある人へ

なお、フォーサイト宅建士講座を利用すると、かなり充実した過去問演習が可能になります。

というのも、約13年分の過去問を収録した問題集が付属する上、重要過去問を解説した講義映像(アプリ・DVD)を視聴できるからです。

さらに、模試として利用できる「再現問題集」1回分と「模擬試験」1回分もついてきます。充実した模試演習が可能です。

私は実際に購入して使用したので、詳しくレビュー記事を書いています。

フォーサイト宅建士講座を3か月間使ってみた感想!インプット・アウトプット・直前対策までカバーする「バリューセット2」は○○な人にオススメ
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座を実際に使ってみた私の口コミ・評価・感想です。画像も19枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳細に解説しています!

とても良い通信講座なので、教材選択・教材見直しの際には、ぜひ参考に。

試験日まで1ヶ月を切っている人へ

本試験で1点でも多く得点するため、今すぐ Amazon で予想模試を1~3冊買って解きまくりましょう。

ではこの辺で!

この記事はあなたのお役に立ちましたか? よろしければ、SNS やブログ等でご紹介をお願い致します。

情報を必要としている一人でも多くの人に読んでいただき、「良かった!」「助かった!」と思ってもらうのが私の願いです。

あなたのお力をお借りできれば嬉しく思います。

コメントや質問・要望なども励みになりますので、お手すきの際にお寄せくださいませ。

お読みいただき、ありがとうございます(*^o^*)

宅建士コラム
Kiryuをフォローする
スポンサーリンク
キリュログ

コメント