宅建士受験本番までにコレをやれ!前々日までにやること・前日にやること・当日にやること 計9つの必須項目をリストアップ

こんな悩みや疑問に答えます!

宅建試験が近づくにつれ、緊張してきた…

宅建試験が近くなってきたら、何をしておくと良い?

宅建試験の当日に気を付けると良いことは?

刻一刻と受験日が近づいてくると、不安が高まってくると思います。でも大丈夫! 心配しなくていいんです。自分を信じて走り抜けば、絶対に良い結果がついてきます。

この記事ではあなたの不安を少しでもやわらげるため、宅建試験の受験前にやっておくと良いことをまとめてみました。どれも私の受験経験から「こうすれば合格の可能性が少しだけ高まる」と思えるものを記しています。記事を読み進めると、あなたは次のメリットを得られます。

  • 宅建試験の前々日までにやっておくべきことが分かる
  • 宅建試験の前日にやるべきことが分かる
  • 宅建試験の当日にやるべきことが分かる

私の考えでは、試験を受けるその時が近づけば近づくほど、勉強の内容よりもメンタル面のコントロールが重要になってきます。そのため、以下の内容も学習方法をウンヌンカンヌンするというよりは、あなたの心の状態を良く保つことを重視したものになっています。

最後まで読んでいただければ、後悔しない受験につなげられるはずです。お約束します!

スポンサーリンク

前々日までにやるべきこと

試験本番の前々日までにやっておきたいことは、次の3つです。

試験会場まで行ってみる(下見)

試験のちょうど1週間前の日曜日に、試験会場へ足を運んでみてください。これには2つの意味があって、ひとつは「会場までの移動のリハーサル」、もう1つは「会場の雰囲気を見てなじんでおくこと」です。

宅建士の試験会場は、近郊の大学など、普段足を運ぶ機会があまりない場所のことが多いと思います。そのため、事前に一度行ってみて、到着までに使う交通手段や交通状況の確認をしておくわけです。そうしておくと試験当日も安心して移動できます。

現地に着いたら、さすがに建物内に入ることはできないと思いますが、少しでも周囲の様子を確認しておくと良いでしょう。意外と建物や敷地の入り口が分かりにくかったりするかもしれません。付近にコンビニはあるでしょうか? もしあれば、当日急に筆記用具が必要になったときにも対応できるかもしれません。

とにかく、騙されたと思って一度行ってみてほしいです! 何かしら発見・気づきがあると思います。「自分では問題無いと思っていたルートが、実は使えなかった!」というようなこともあり得なくはありません。もしそれが試験当日に判明したら対処が大変ですが、事前に分かっておけば何とでもなりますよね。

以上の理由から、試験会場に事前に行ってみるのがおすすめです。

試験問題を解く順番を決める

宅建士の試験問題は、第1問から第50問まであります。はじめに「権利関係」が14問、次に「法令上の制限」が8問、「税・その他」が3問、「宅建業法」が20問、その他が5問…という順序がほぼ定着しています。

順当に第1問から解くというのもありですが、あなたはどうしますか? まだ解く順番を決めていなかったら早めに決定して、模擬試験なども自分が決めた順番で解いておくと良いでしょう。試験本番のときに何番から解くかで迷うと、それだけで時間をロスしてしまいます。問題を解く順序をあらかじめ決めておけば、問題を解くことに全力を注げます。

個人的には、第1問の民法から解くことはおすすめしません。第1問の民法は、これまで過去問でもあまり触れられていないような内容になっていることが多いです。そのため多くの受験生が第1問に驚かされ、考え込んでしまいます。時間と精神力を奪われることで、その後の問題を解くパフォーマンスにも悪影響を及ぼします。

おそらく一番良いのは、第26問から始まる「宅建業法」から解いていくことです。宅建業法は難問・奇問も少なく、過去問の焼き直しが多いことから難易度は低めです。第26問から第50問までスピーディに解いていき、その勢いで第1問に戻ります。民法関係で少し考えさせられる問もあるかもしれませんが、一読して分からなければ飛ばしながら解いていく…という手順がベストかなと思います。

「暗記」をする

宅建士の学習では暗記ではなく理解を重視するべきだ、というのは他の記事でも述べている通りです。また、必ずしも理解していなくても、過去問や予想問題を繰り返し解いているうちに、自然に頭に定着する数字や用語もあることでしょう。

その一方、どうしてもうまく記憶に残らない数値・キーワードもある程度残ってしまいます。しかし試験対策上重要であれば、それらもできるだけインプットして、いつでもアウトプットできるようにしておかなければなりません。

つまり最終手段として「暗記」に頼ります。暗記は、試験の1週間前から前々日までにやればOKです。少しだけしんどい作業ですが、もうひと踏ん張りで解放されます。頑張りましょう。

前日にやるべきこと

試験前日の土曜日にやるべきことは、次の3つです。

持ち物の最終確認

翌日に会場に持って行くものを確認しましょう。最低限、次のもので足りるでしょう。

  • 受験票
  • 筆記用具(使い慣れている鉛筆またはシャーペン、消しゴム)
  • 腕時計

その他、人によって・状況によって、次のものを用意することになると思います。

  • 傘などの雨具
  • 現金の入った財布(移動や食事に使う場合)
  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • マスク
  • メガネ
  • 参考書(テキストや問題集)
  • まとめノート
  • etc…

必要な持ち物は一度紙に書き出すなどしておきましょう。翌日、出発前の最終確認の時も使えます。

私も最近知ったのですが、マークシート専用シャープペンシルなるものが販売されています。まだ使ったことは無いのですが、次のものが良いようです。

  • 芯径が1.3mm。鉛筆の芯のように太く折れにくく、マークもしやすい。替芯16本付き
  • 三角軸なので転がらない。試験会場の机に傾斜があっても安心
  • 消しゴム「リサーレ」プレミアムタイプ付き。特定のマークをピンポイントで消すのに向いている

うーん、コレ良くないですか? 私は、次にマークシートの試験を受ける機会があるときには、ぜひ使いたいと思っています。備忘録を兼ねてご紹介させていただきました。

最後の模擬試験演習

最後の予行演習として、模擬試験・予想問題集1回分を、翌日の試験本番と同じ時間帯に解きます。できれば、まだ1度も解いていない1回分があると良いですね。時間も2時間をきっちり測って解きましょう。

人間は、何でも練習すると上手くなります。はじめはうまくできなくても、練習すると神経回路が最適化されます。そうすると脳の反応が早くなり、ムダに緊張することも無くなり、パフォーマンスが上がるのです。宅建試験も同じです。

この日の模擬試験演習を本番だと思って取り組みましょう。あなたのフルパワー100%を出し切ってください。そうすることでニューロンが最も強力な状態に変化します。翌日は、あなたの能力を120%に高めた状態で本試験に臨めるでしょう。

早めに寝る

前日の土曜日は、食事はあっさりしたものを軽めに取るようにしてください。下手にゲンを担いでカツ丼を食べたりして、翌日胃もたれをしたりお腹がいたくなったりしたらイヤですよね。伝統的な日本食のような、消化器官にやさしいものを食べてください。

天気予報もチェックしておきましょう。明日は晴れるのか? 雨なのか? 天気次第で持ち物も若干変わってくるはずです。確認を忘れずに。

確認が終わったら、いつもより早くベッドで横になりましょう。ベストパフォーマンスを出すためには、何よりも睡眠が重要です。もしかすると緊張してなかなか寝付けないかもしれません。でも、目を閉じて気分を落ち着けるだけでも、脳はリラックスします。これまでの自分の頑張りを自分でねぎらいつつ、明日のために頭と心と体を休めてください。

当日にやるべきこと

宅建試験当日にやるべきことは、次の3つです。

早めに出発

時間の余裕は心の余裕に直結します。早めに準備して、予定より少し早くても良いので自宅から出てしまいましょう。家で落ち着かずソワソワしているよりも、外に出て良い空気を吸い、景色でも眺めたほうが気持ちが落ち着きます。

不測の事態が起こらないとも限りません。他人の交通事故による通行止めや渋滞、電車の遅延など。でも時間の余裕さえあれば、いざとなればタクシーを捕まえて遠回りでもすれば絶対に会場には到着できます。早め早めに行動していきましょう。

統計・法改正の資料をもらう

会場の周辺では、毎年資格対策予備校のスタッフの方が受験者を待ち構えています。何のためかというと…営業のためです! 「今年の試験に落ちるであろう人」を囲い込むために活動していらっしゃいます(^^;)

たとえば私の場合はこんな感じでした。会場まであと数十メートルというところで、とても綺麗な若い女の人(佐々木希さんっぽい雰囲気)に声をかけられたのです。

美女

すみませ~ん、宅建受ける方ですか?

管理人

? はい、そうですが

美女

私○○資格学校の者なんですけど、これ、どうぞ!
試験直前の確認ポイントがつまった冊子です!(ニコッ)

管理人

あ、ありがとうございます。
あ~これいいですね。助かります

美女

いえいえ~!!
ちなみに…合格する自信とかって、どんな感じなんですか?

管理人

うーん、まあ多分大丈夫かなと思っています。
なーんてハハハ

美女

あはっ!そうなんですね!
スゴいですね! 頑張ってくださぁい!

管理人

はい(//▽//)

美女

ところで、いまウチで宅建の受験生の皆様にアンケートをとってまして、よかったらこちらにお名前と住所を書いてもらえたら

管理人

!?

美女

お名前と住所書いてもらえたら、解答速報とかお送りできるんですけどぉ…

管理人

あ、スミマセン、急いでいるんで大丈夫です!
(スタスタスタ)

…ということで、試験会場の周辺で綺麗な女性がいたら注意! 私のように普段女性に相手にされていない男性は、声をかけられたことに嬉しくなって、つい話し込んでしまいます(^^;) 宅建試験は男性の受験者が多いので、わざと美女を配置しているんでしょうね~ やりますね~ そしてそれにまんまとひっかかる私…orz

でも、さっさと会場に到着して席に着き、深呼吸でもしたほうが有益です。営業さんの相手はほどほどにして、先を急ぎましょう。

ただ、こういった予備校スタッフの方たちは、声をかけると同時にその年の統計や法改正の要点をまとめた資料を渡してくれることが多いです。これは意外と試験開始の直前の復習に役立つので、ぜひ受け取っておいてください。

トイレの場所確認

いよいよ会場に到着したら、掲示されている案内を参照しつつ、自分が試験を受ける部屋(教室)と席を探します。分かりにくいと思うので、分からなければ会場運営スタッフの方にたずねてみましょう。

席が分かったら、最寄りのトイレを探して用を済ませておきます。トイレの場所さえ分かっていれば、他に気を取られることも無いでしょう。

トイレに関係して気を付けてほしいのは、当日の飲み物です。コーヒーやお茶は控えることを強くおすすめします。これらの飲み物には利尿作用があります。飲んだ場合は、利尿作用の影響であなたは確実にいつもよりトイレに行きたくなります。

私は、宅建試験のときはコーヒー・お茶はとらなかったので大丈夫だったのですが、その2年後に受けた管理業務主任者試験で失敗しました。

試験会場に向けてバスで移動しているときから、缶コーヒーを飲んでいたんですね。そうしたら、試験開始までに3回トイレに行き、試験中も膀胱が不穏な感じでした。お漏らしこそしませんでしたが、集中力をかなり削がれました。

ということで、当日の飲み物は「水」にしておくことをオススメします!

トイレが済んだ後はどうしたら良いでしょうか? 試験開始時刻まで、テキストや問題集、先に受け取った要点資料を見ながら、自分なりに最終チェックをする人が多いと思います。それでも良いと思います。

しかし私自身は、受験当時は逆のことをしました。教科書も問題集も一応持ってはいましたが、全く開きませんでした。むしろ、目を閉じて精神を統一することに多くの時間を使いました。

なぜ周囲の人のように最後まで参考書を読まなかったのか。私は、宅建試験に確実に合格することを目指して、前日まで必死になって勉強していました。そのため、試験会場に着いてからのたかだか小一時間の勉強で、合格・不合格が変わるとは到底思えなかったのです。

試験を受ける前ではありますが、最早結果は出ているのだと思っていました(もちろん、その結果は神のみぞ知るわけですが)。だから私は試験直前にもがいたりあがいたりするのではなく、目をつむって「今日はベストを尽くす。そうすれば絶対に合格する」と自分を励まし、心の状態の調整に気を配りました。

それでも試験開始直後はかなり緊張しましたが、問題を解いているうちに少しずつリラックスしていきました。なんとか1時間30分程度で全ての問題を解き終え、軽く見直しをしたり、飛ばした問題を解いたりもできました。結果は40点で合格です。

試験会場に着いてからのたかだか小一時間の勉強で合否は変わらない。この考え方は真理であると、実は今でも思っています。あなたも試験会場に到着したその時、既に合格できる自分になっていてください。それまでは全身全霊を賭けて学習しましょう!

この記事のまとめ

以上、宅建試験の前々日まで・前日・当日にやるべきことを見てきました。この記事のポイントをまとめておきます。

  • 宅建試験の前々日までにするべきことは、「会場の下見」「問題を解く順番の決定」「どうしても頭に残らなかった数字や用語の暗記」の3つである
  • 宅建試験の前日にするべきことは、「持ち物の最終確認」「最後の模擬試験演習」「早めに寝る」の3つである
  • 宅建試験の当日にするべきことは、「早めに出発」「統計・法改正の資料をもらう」「トイレの場所確認」の3つである

ところで、いよいよ試験が終わったら何をしたら良いでしょうか? もちろん、その日は美味しいものを食べたりお酒を飲んだり、それまでガマンしていた色々なことをパーッとやりたいですよね。

そんな中で1つ忘れてないで欲しいのは、「解答速報」を見ることです!試験当日の夕方から夜にかけて、大手資格対策予備校が宅建試験の解答案をウェブ上で公開します。それを利用して自己採点をすることも可能です。

解答速報で自分の点数を確認しつつ、5ch(旧2ch)やTwitterで他の受験者の喜びの声・悲しみの声を眺めるのもまた一興です… というか、私は受験した日の夜はそんな過ごし方をしました。笑

解答速報サイトを次の記事でまとめていますので、ぜひ試験の後に利用してください!

宅地建物取引士試験ってどんな試験?合格率・難易度・ボーダー・過去問・解答速報サイト等、有益な情報を一挙掲載!
【宅建士合格ブログ】宅建士試験とは? 必須情報を1記事に集約。日程、出題例、合格率、難易度、合格基準点、etc。解答速報サイトなどのお役立ちサイトもまとめてみました!

この記事はあなたのお役に立ちましたか? よろしければ、SNS やブログ等でご紹介をお願い致します。

情報を必要としている一人でも多くの人に読んでいただき、「良かった!」「助かった!」と思ってもらうのが私の願いです。

あなたのお力をお借りできれば嬉しく思います。

コメントや質問・要望なども励みになりますので、お手すきの際にお寄せくださいませ。

お読みいただき、ありがとうございます(*^o^*)

宅建士コラム
Kiryuをフォローする
スポンサーリンク
キリュログ

コメント

  1. アバター より:

    今日試験受けてきました。 アンケートと称して個人情報盗られました。(怒)みんなに書いてもらってると言うから絶対書かないといけないものかと思い名前 住所 電話を書きました。しかし肝心のアンケートは何もありませんでした。あいつらほんとふざけてる!  ただの愚痴です失礼しました。

    • KiryuKiryu より:

      「い」さん、本試験の受験、お疲れ様でした!アンケートの人たちの中には、ちょっと困ったさんもいるようですね。今日は神経を使ったことと思います。どうかゆっくりとお休みください。