宅建の合格証書とは?いつ届くか・サイズ・有効期限・再発行の可否などを解説

宅建の合格証書とは?届く時期・サイズ・有効期限など

宅建試験一発合格済みの宅建士Kiryuです。

今回は宅建の合格証書についてさまざまな情報をまとめます。

具体的には、サイズ・有効期限といった基本的な情報から、自宅に届く時期、紛失時の再発行可否などです。

情報源や参考サイトへのリンクもつけています。ぜひ参考にしてみてください。

宅建の合格証書の重要ポイント3つ

最初に宅建の合格証書についての重要ポイントを3つにまとめてお伝えします。

  • 合格証書は宅建士の資格登録の際に必要になる重要なA4書面であり、有効期限は無い
  • 合格証書は合格発表当日に発送され、数日から1週間程度で届く
  • 紛失時の再発行は不可となっているが、代わりに「合格証明書」を発行してもらえる

以下でさらに詳しい情報を述べていきます。

宅建の合格証書とは

宅建の合格証書とは、宅建試験の合格を通知・証明するものとして合格者に郵送される書面です。

宅地建物取引士資格登録をする際に使いますので、大切に保管しましょう。

サイズ

宅建の合格証書のサイズは、A4サイズです。

A4サイズとは
横210mm×縦297mm

宅建試験に合格した後、資格登録までの間は合格証書をはじめとするさまざまな書類を管理する必要があり、わずらわしくなってきます。そんな時もポケットタイプのクリアファイルが1冊あるとまとめて保管できるのでとても便利です。

5色から選べて安価なプラス クリアファイル スーパーエコノミーがおすすめです。

国家試験の合格証書ということでおしゃれな額縁に入れておく方も多くいます。コクヨのアルミ額縁なら品のあるスタイリッシュなデザインで、部屋やオフィスの雰囲気と合わせやすいです。

番号の意味

宅建の合格証書の右上には「第00000000号」という具合に8桁の番号が書いてあります。

この番号は合格証書1枚につき1つ割り当てられる番号で、特に深い意味はありません。

ただし、宅地建物取引士資格登録簿に記載される重要な情報です。間違っても塗りつぶさないようにしましょう。

INFO

番号についてもう少し深堀りすると、実は次のような意味合いがあると言われています。

最初の2桁
試験年度。2021年受験なら21
次の2桁
都道府県コード。福岡県なら40
残りの4桁
該当年度・該当都道府県における合格者の通し番号

私は上記の解釈でおそらく正しいと思っているのですが、公式の情報が無いため断定できない、というところです。

有効期限

宅建の合格証書に有効期限はありません。一生使えますのでご安心を!

よくある質問

宅建の合格証書に関するよくある質問に回答します。

いつ届くの?

合格証書は、合格発表日に発送されるのが通例です。

2021年度の合格発表日と合格証書発送日は次の通り。

10月試験の合格発表日
令和3年12月1日(水)
12月試験の合格発表日
令和4年2月9日(水)

合格者には、(一財)不動産適正取引推進機構試験部から受験申込書に記載された現住所に、合格証書等を「簡易書留郵便」で合格発表日に発送します。
※当日必着ではありません。

合格発表日の後、数日から1週間以内くらいで届くと考えておけばOKです。

書留で届くの?

宅建の合格証書は「簡易書留」という種類の郵便で配達されます。

簡易書留は送付先住所で本人以外(同居している家族など)が受け取ることも可能です。不在で配達できなかった場合は不在票が入りますので、記載内容に従って再配達等を依頼します。

届かない場合は?

合格発表から1週間経過しても届かない、不在票もこない、何かおかしい…という場合は、宅建試験の実施団体RETIOに電話で問い合わせてください。

電話番号は上記リンク先の一番下(フッター部分)に書かれています。

郵便局に転居届を出していれば転送される?

簡易書留郵便が転送されるかどうかは、その郵便物に「転送不要」と記載があるかどうかによって変わります。

宅建の合格証書の場合、これまで「転送不要」の記載があったとの情報はありません。なので基本的には転送されると考えてよいと思います。

実際に転送されてきたという報告を見ると、転送された場合、届くまでに少し時間がかかるようです。その点だけ留意してください。

紛失したら再発行できる?

合格証書を無くしてしまった場合、再発行はできません。なくさないように厳重に管理しましょう。

万が一なくしてしまった場合は代わりの書類として「合格証明書」を発行してもらえます。

「合格証明書」は宅地建物取引士資格登録をする際に使用可能です。発行手続き等の詳細は試験実施団体RETIOのサイトで確認しましょう。

この記事のまとめ

合格証書

今回は宅建の合格証書についてまとめました。

特に重要なポイントを復習しておきます。

  • 合格証書は宅建士の資格登録の際に必要になる重要なA4書面であり、有効期限は無い
  • 合格証書は合格発表当日に発送され、数日から1週間程度で届く
  • 紛失時の再発行は不可となっているが、代わりに「合格証明書」を発行してもらえる

以上、参考になれば嬉しいです。

* * *

次回は宅建試験の正式名称や履歴書への書き方について解説します。下のブログカードをタップすると移動できます。

宅建の正式名称は?履歴書への書き方と英語名も解説
【宅建士合格ブログ】宅建試験・宅建資格の正式名称と履歴書へ書く際の書き方について解説します。英語の名称と英文レジュメへの書き方を知りたい方も必見。
次の記事もよく読まれています
最速!宅建の登録実務講習を最短修了する方法とおすすめ即日申込み先
【宅建士合格ブログ】急ぎで登録実務講習の受講を終わらせたい人、必見!知っておくと得する情報をまとめています。全国区ほぼ通年で登録実務講習を実施しているおすすめ事業者など。
一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。
フォーサイト宅建士講座の口コミ・評判は?実際に受講してわかったこと
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座の口コミ・評判17件を紹介します。そして、その内容が正しいのかどうかを実際に受講して確かめました。詳しくは本文で。
スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。
タイトルとURLをコピーしました