宅建の独学を効率よく進める方法【各論1:インプット学習の効率化】

宅建の独学を効率よく進める方法【各論1:インプット学習の効率化】

宅建試験に独学で一発合格した宅建士Kiryuです。

前回に引き続き「宅建の独学を効率よく進める方法」についてお話ししたいと思います。

今回取り上げるのは「インプット学習の効率化」です。

インプット学習とは、宅建試験の問題を解くために必要な基礎知識を頭に入れる学習のこと。

具体的には、テキストを読んでいくこと指しています。

インプット学習を効率化する方法について、私の考えを述べていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

インプット学習を効率化する方法

宅建の独学をするにあたり、インプット学習を効率化するのに有効な方法は、次の3つです。

  • 自分に合ったテキストを選ぶ
  • ノートをとらない
  • 暗記しない(理解する)

以下で順番に見ていきましょう。

自分に合ったテキストを選ぶ

インプット学習を効率化する方法の1つめは、「自分に合ったテキストを選ぶ」ことです。

宅建試験の対策テキストは色々なものが出版されています。

その中で「自分に合ったテキスト」を入手できれば、テキストをドンドン読み進めて、最短時間で読み終えることができます。

逆に「自分に合わないテキスト」を使ってしまうと、なかなかテキストを読み終えることができず、いつまで経っても次に進めません。

インプット学習を効率よく進めるためには、テキスト選びがとても重要なんです。

* * *

でも、「自分に合ったテキスト」と言われても、どんなテキストが自分に合っているのか、よくわかりませんよね。

選ぶ方法は簡単です。

なるべく大きな書店に足を運んで、資格関連コーナーに行きます。

そうすると、宅建試験用のテキストがたくさん並んでいる棚があるはずです。

テキストを1冊ずつ手に取って、軽く読んでみてください。

テキストごとに文章の読みやすさが驚くほど違っていることに気づくと思います。

図表・イラストの量や雰囲気、テキストの厚みといった点でも、テキスト間でかなりの違いがあるとわかるでしょう。

できるだけ多くのテキストをざっとチェックして、「このテキストなら最後まで読めそう」と思えたものを1冊、ピックアップしましょう。それが「あなたに合ったテキスト」です。

ぜひ書店で実践してみてください。

* * *

「でも、いちいち本屋に出かけるのも面倒だし… ネットで紹介されているおすすめテキストで良いんじゃない?」

そう思う人もいると思います。

もちろん人の意見を参考にするのは良いのですが、最終的には自分の目で確認して決めることを私は勧めます。

というのも、どんなテキストを「読みやすい・理解しやすい」と感じるかは人それぞれだからです。

たとえば、私自身はどちらかというと「文章が少しくらい多めになっても良いから、言葉できちんと説明してほしい」と感じるタイプで、文章が多めのテキストを好みます。

一方で、「文章が多いとよくわからない。図解中心のほうが視覚的に理解できて良い」と感じる人もいて、そういう人は図やイラストが多く盛り込まれたテキストを好みます。

自分がどんなテキストを良いと思うかは、実際にテキストを手に取って開いてみないとわからないものです。

宅建のテキストはそれなりに分量があり、読み終えるには時間がかかりますし、一読した後も復習のために使う機会が何度もあります。

だからこそ、テキストを選ぶ際は他人の「おすすめ」を鵜呑みにすることは避け、自分の感性にフィットするものを自分の目で見極めることが大切です。

ノートをとらない

インプット学習を効率化する方法の2つめは、「ノートをとらない」ことです。

ノートをとらない理由は2つあって、1つは「ノートをとるのに時間がかかり過ぎる」ということ、もう1つは「ノートをとっても問題を解けるようにならない」ことです。

これらの理由については私自身の受験経験からお伝えしていこうと思います。

* * *

受験対策を始めた頃の私は、「自分は書くことで理解するタイプである」という認識を持っていたため、宅建試験の勉強でも一生懸命ノートをとりました。

テキストを1章分読むごとに、その内容をノートにまとめていたわけです。

その結果何が起こったかというと、テキストを一読するだけで2~3ヶ月くらい時間がかかってしまいました。

当時の私は、毎日ノートを書きながら「いくらなんでも時間がかかり過ぎだ」「他のことをする時間が無くなったらどうしよう」と不安を感じていました。

幸運にも私は受験勉強のための期間を半年ほど確保していたので、何とかテキスト学習を終えて、その後は過去問演習等の時間をとることができました。

もし最初から3~4ヶ月しか確保できていなければ、おそらく学習時間が不足して、一発合格はできなかっただろうと思います。

* * *

さて当時の私は「ノートをとったからには、このあとの問題演習が相当はかどるはずだ」と思っていました。しかし実際に過去問演習をやってみると、見事に全然解けなくて、驚きました。

「あんなに一生懸命書いて勉強したのに、なんで解けないの?」とショックを受けたことを覚えています。

後になって考えてみると、結局「テキストを読んで内容をまとめてノートに記す」ことと、「宅建試験の問題を実際に解く」こととは、全く違う行為なのです。

それならば、ノートなどとらずにさっとテキストを読み流して、過去問や予想問を多く解いたほうがずっと効率的な勉強になるはずです。

このことは、私の宅建試験の受験対策における最大の反省点になりました。

…ちなみに、この反省は次の国家試験の受験対策で活かすことができました。

というのも、宅建試験に合格した翌々年、私は管理業務主任者試験の独学をすることにしたんです。

その際のインプット学習では、ノートは一切取らずサクサクとテキストを読み終えました。

それでもそこそこ高い点数をとって一発合格できたので、「やはりノートなど要らなかったのだ」と確信を深めたのでした。

* * *

以上述べたように、ノートをとることは膨大な時間を使いますし、その割に試験問題を解く力はほとんど伸びません。

独学を効率的に進めるために、インプット学習の際はノートをとらないようにしましょう。

理解が不十分な点なども残ってしまうかもしれませんが、勉強を続けていくうちにおいおい理解できるようになっていきます。

思い切ってノートを手放して、テキストを読み進めてください。

暗記しない(理解する)

インプット学習を効率化する方法の3つめは、「暗記しない(理解する)」ことです。

実は、インプット学習の段階でテキストの内容を暗記する必要は全くありません。

もちろん、宅建試験の本番のときまでには、問題を解くのに必要な少なからぬ量の知識を記憶している必要があります。

ではどの段階で知識を記憶すればいいのかというと、インプット学習を終えた後、アウトプット学習を実施していくときです。

次回予定している「各論2:アウトプット学習の効率化」で紹介しますが、自然なやり方で強固な記憶を形成していきますので、心配無用です。

* * *

インプット学習の段階では、むしろ「理解すること」を重視しましょう。

理解するとはどういうことでしょうか。

宅建試験は法律系資格の試験なので、不動産取引に関係する数々の法律・制度を学ぶことになります。

その際、「なぜその法律が必要なのか」「そういう制度になっている理由は何か」という点をおさえることが「理解すること」になります。

* * *

たとえば、「宅建業法」という法律を例にしましょう。

この法律がなぜ必要なのかというと、「慣れない不動産取引で消費者が不当な扱いを受けたり、損をしたりしないため」です。消費者を守るための法律なんですね。

そして、宅建業法は「不動産会社に強制的に宅建士を雇わせる」という制度や、「宅建士が重要事項説明書や契約書に記名・押印する」といった制度を提供しています。

そういう制度になっている理由は何かというと、「個々の契約を不動産取引の専門家(=宅建士)がチェックすることにより、消費者保護が実現できる」と考えられるからです。

このように、「なぜその法律が必要なのか」「そういう制度になっている理由は何か」を追求するようにしましょう。

大抵はテキストに書いてありますし、書いていない場合でも自分なりにネットで調べれば答えは見つかります。

「理解すること」を徹底すると、「日本の法律ってうまくできているなぁ」と感じて、勉強自体も楽しくなるはずです。

* * *

逆に「理解すること」をせず、暗記にばかり気持ちが向いてしまうとどうなるでしょうか。

単語帳を自作して覚えようとしたり、即席の語呂合わせで何とかしようと頑張ったりするのですが、それでも結局忘れます。

覚えても覚えても忘れてしまうので、非常に効率が悪いです。

人間は忘れる生き物なので、どうしようもありません。

それならばいっそ、覚えることはやめて理解に徹しましょう…というのが今回提案しているやり方です。

そのほうがインプット学習が効率よく進みます。

* * *

なお、インプット学習の段階でしっかりと理解に努めておくと、次のアウトプット学習の段階でも良いことがあります。

それは、「理解」という基盤の上に「記憶」を作ることができる、ということです。

「理解の上に作った記憶」は、非常に長持ちします。圧倒的に忘れにくいです。

インプット学習の段階で理解に徹しておくことは、アウトプット学習の生産性も劇的に高めてくれるんです。

この記事のまとめ

今回は「宅建の独学を効率よく進める方法」というテーマに関して、「インプット学習の効率化」の側面を述べてきました。

ポイントを復習すると、次の通りです。

自分に合ったテキストを選ぶ
書店へ行って、見比べて決めよう
ノートをとらない
ノートにまとめる作業は膨大な時間がかかる。でも問題が解けるようにはならない
暗記しない(理解する)
この段階では覚えようとしても忘れてしまうので、ひとまず理解することに徹する

以上、参考になれば嬉しいです。

▼宅建独学効率アップシリーズ▼

宅建の独学を効率よく進める方法【総論:学習全体の効率化】
【宅建士合格ブログ】独学一発合格者の私が考える「効率アップ術」を3回にわたってお伝えします。第1回は「学習全体で何に気を付けるべきか」について。
宅建の独学を効率よく進める方法【各論1:インプット学習の効率化】
【宅建士合格ブログ】独学一発合格者の私が考える「効率アップ術」を3回にわたってお伝えします。第2回は「インプット学習で何に気を付けるべきか」について。
宅建の独学を効率よく進める方法【各論2:アウトプット学習の効率化】
【宅建士合格ブログ】独学一発合格者の私が考える「効率アップ術」を3回にわたってお伝えします。第3回は「アウトプット学習で何に気を付けるべきか」について。

▼こちらの記事も人気です▼

一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。
フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。
スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。