フォーサイト マン管・管業講座バリューセットとは?購入レビュー

フォーサイト マン管・管業講座バリューセットとは?購入レビュー

管理業務主任者試験・宅建試験に一発合格済みのKiryuです。

今回は通信講座フォーサイトの主要な講座の1つであるマンション管理士・管理業務主任者講座をレビューします。自費で講座を購入し実際に受講した上でこの記事を書いていますので、信頼性は抜群です。

はじめにフォーサイト マン管・管業講座のバリューセット1とバリューセット2の違いについて説明し、教材を1つずつ画像つきで紹介します。

次にフォーサイトと他社講座の違いメリット・デメリットを指摘します。最後に申し込みの手順を画像つきで解説します。

マンション管理士試験・管理業務主任者試験の受験対策としてフォーサイトの受講を検討している方にはきっと役立つ内容です。ぜひ参考にしてみてください。

※2021年11月19日追記:2022年度版を購入・受講しました。その経験をもとに大幅に加筆修正し、主要な画像を入れ替えました。

フォーサイト マン管・管業講座バリューセットとは

フォーサイト マン管・管業講座のバリューセットとはフォーサイトの「マンション管理士講座」「管理業務主任者講座」「科目別答練講座」を組み合わせて価格を安く抑えたものです。

バリューセット1
マンション管理士講座+管理業務主任者講座
バリューセット2
マンション管理士講座+管理業務主任者講座+科目別答練講座

以下で「マンション管理士講座」「管理業務主任者講座」「科目別答練講座」「バリューセット1」「バリューセット2」の内容をもう少し詳しく解説します。

マンション管理士講座の内容

フォーサイトのマンション管理士講座はマンション管理士試験の対策講座です。主要な教材は次の通り。

フォーサイト マンション管理士講座(マン管講座)

  • マン管講座・管業講座 共通テキスト
  • マンション管理士 過去問題集(5冊)
  • その他(択一対策編・eラーニングなど)

テキスト・過去問題集・その他の教材で構成されています。講師による講義はeラーニングで視聴します。

画像に関する注記

eラーニングを実施するスマートフォン・タブレット等の端末は自分が持っているものを使用します。教材に含まれるわけではありませんのでご注意ください。以下すべての画像について同様です。

管理業務主任者講座の内容

フォーサイトの管理業務主任者講座は管理業務主任者試験の対策講座です。主要な教材は次の通り。

フォーサイト 管理業務主任者講座(管業講座)

  • マン管講座・管業講座 共通テキスト
  • 管理業務主任者 過去問題集(4冊)
  • その他(択一対策編・eラーニングなど)

テキスト・過去問題集・その他の教材で構成されています。講師による講義はeラーニングで視聴します。

科目別答練講座の内容

フォーサイトの科目別答練講座はマン管試験・管業試験共通の解答力養成講座です。

フォーサイト 科目別答練講座

  • 解答用紙(4枚)
  • 問題冊子(4冊)
  • 解答解説冊子(4冊)

解答用紙・問題冊子・解答解説で構成されています。冊子の中の様子など詳しくは後述します。

バリューセット1の内容

先に紹介した「マンション管理士講座」と「管理業務主任者講座」はほとんど共通の教材で構成されています。異なっているのはほぼ「過去問題集」のみです(マン管講座にはマン管試験の過去問が、管業講座には管業試験の過去問が、それぞれ付属)。

そこで2つの講座を1つにまとめてしまうことで「マンション管理士と管理業務主任者の2資格を同時に狙える講座」ができあがります。それがバリューセット1です。主要な教材は次の通り。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座 バリューセット1

  • マン管講座・管業講座 共通テキスト
  • マンション管理士 過去問題集(5冊)
  • 管理業務主任者 過去問題集(4冊)
  • その他(択一対策編・eラーニングなど)

テキスト・過去問題集・その他の教材で構成されています。マン管講座と管業講座を組み合わせていますが教材が重複しないように配慮されており、そのぶん価格も安いです。講師による講義はeラーニングで視聴します。

バリューセット2の内容

「バリューセット1に科目別答練講座を追加し、価格を抑えたもの」バリューセット2です。主要な教材は次の通り。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座 バリューセット2

  • マン管講座・管業講座 共通テキスト
  • マンション管理士 過去問題集(5冊)
  • 管理業務主任者 過去問題集(4冊)
  • その他(択一対策編・eラーニングなど)
  • 科目別答練講座

テキスト・過去問題集・その他の教材・科目別答練講座で構成されています。講師による講義はeラーニングで視聴するのが原則ですが、バリューセット2に限ってはオプションでDVDを追加することも可能です。

主要な教材のレビュー

次にフォーサイト マン管・管業講座の主要な教材を画像を交えながら紹介します。

共通テキスト

フォーサイト マン管・管業講座の「共通テキスト」は知識ゼロの状態からマンション管理士試験・管理業務主任者試験の合格を目指せる4冊+1冊の冊子です。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)テキスト

この5冊だけでダブルライセンスに必要な知識が得られます。

中身はフルカラーで、かつ大きくて見やすい字で書かれています。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)テキスト内容

字が大きくて見やすいというのはフォーサイトのテキストの人気ポイントのひとつです。というのもマンション管理士試験・管理業務主任者試験の受験をする人は40代以上の層がかなりの割合を占めます。

この世代にとって何が問題になるかといえば老眼です。老眼になってしまうと小さい字は見えにくい。

でもフォーサイトのテキストは一般的なテキストよりも少し大きい規格(B5版)になっています。そのため文字サイズも大きく、読みやすさが違います。

私が撮った上の画像では字の大きさまでは読み取りにくいかもしれませんが、字の大きさに関してとても喜んでいる合格者の方のインタビューがありましたので参考にしてみてください。

テキストは学習の序盤から終盤まで繰り返し読み込むことになります。長期間・長時間使うものだからこそ、目の負担が小さいテキストを使って少しでも効率を上げたいですよね。

さてこちらのテキストではマンション管理に関する色々な法律を学んでいきますが、都度、具体例を交えて解説されているので理解がはかどります。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)テキスト 具体例

法律の条文はどれも非常に抽象的なことばで書かれています。抽象的な内容のままだと学ぶ側としてはわかりにくいのですが、フォーサイトのテキストでは具体的な設例に落とし込んでいるのでわかりやすく、内容がスッと頭に入ってくる感じがします。

フォーサイトの受講生にはダブルライセンスを取った人が何人もいるのですが([例1] [例2])、このテキストなら納得がいきます。

マンション管理士過去問題集(5冊)

「マンション管理士過去問題集」はマンション管理士試験の過去問10年分を収録した問題集です。※「10年分」は2021年版を調査した際の数字です。2022年版の問題数については確認でき次第更新します。

フォーサイト マンション管理士講座(マン管講座)過去問題集

マンション管理士試験の対策では一般的に過去問題集を使って解答力を養成します。フォーサイトのマンション管理士過去問題集は十分な問題数と解説を収録しています。

別記事で市販の問題集との比較を行いながらレビューしました。ぜひそちらも一読してみてください。

フォーサイト マン管・管業講座の過去問題集を徹底レビュー
フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座で使用する過去問題集を紹介します。市販の教材との比較や4つのメリットなど。詳細は本文へ。
INFO

フォーサイト公式サイトで過去問題集の雰囲気を確認できます。そちらも参考にしてみてください。

管理業務主任者過去問題集(4冊)

「管理業務主任者過去問題集」はマンション管理士試験の過去問約10年分を収録した問題集です。※「10年分」は2021年版を調査した際の数字です。2022年版の問題数については確認でき次第更新します。

フォーサイト 管理業務主任者講座(管業講座)過去問題集

4冊もあるのかと少し身構えてしまう人もいそうです。でも1冊あたりのページ数はそれほど多くはありません。

そのため実際に取り組んでみると意外とサクサク進みます。「もう1冊終わった。あと3冊頑張ろう!」「また1冊終わった。あと半分だ!」と前向きな気持ちで解いていけるんです。

何か月もの時間がかかる試験対策ではモチベーションを維持するために「少しの進展でも達成感を得られること」が重要だと思います。フォーサイトはこの点を意識して分冊構成を採用しているのだと思います。

管理業務主任者過去問題集についても別記事にて市販の問題集との比較を行いながらレビューしました。ぜひ一読いただければと思います。

フォーサイト マン管・管業講座の過去問題集を徹底レビュー
フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座で使用する過去問題集を紹介します。市販の教材との比較や4つのメリットなど。詳細は本文へ。
INFO

フォーサイト公式サイトで過去問題集の雰囲気を確認できます。そちらも参考にしてみてください。

択一対策編

「択一対策編」は一問一答の問題集で、直前期の主要な対策教材のひとつに位置づけられています。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)択一対策編

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)択一対策編の見開き

択一対策編もテキスト同様にマン管試験・管業試験の両方に対応しています。ダブルライセンスを目指している方には最適です。

その一方「今年は管理業務主任者試験だけを受験して、マンション管理士試験は来年受験する」という受講生もいるでしょう。また「同一年にダブルライセンスを狙うものの、時期によってはどちらか一方の問題に集中したい」という場合もあると思います。

そのようなニーズにも応えられるよう、択一対策編の見出し部分には「マ」「管」マークが付されています。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)択一対策編 マーク

このマークを見れば、その問題がマン管試験・管業試験のうちどちらの試験の対策になるのかがわかります。「マ」はマンション管理士試験用、「管」は管理業務主任者試験用、「マ・管」は両試験の設問というわけです。

試験対策の範囲を絞り込みたいときにはこれらのマークに注目してください。

科目別答練講座

「科目別答練講座」は試験に類似した形式で科目ごとの問題演習を行う教材です。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)科目別答練講座

本試験で配られる問題冊子・解答マークシートに良く似せた冊子・シートを使って模擬問題を解いていきます。模擬問題は次に示す4つの科目に分けて収録されています。

  • マンション管理適正化法等
  • 区分所有法、民法等
  • 維持管理、増改築等に関する法律
  • 構造・設備、会計

科目ごとに50問の問題を解くことで知識の定着を図りつつ、間違えた問については復習を行います。こちらの教材も試験直前期に活用して、自分自身の得点力を底上げする目的で使います。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)科目別答練講座 問題冊子

問題冊子

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)科目別答練講座 解答・解説冊子

解答・解説冊子

合計200問を繰り返し解けば、少なくとも「試験問題を解くことに慣れる」ことは確実です。おそらく本試験では「たった50問か、少ないから楽勝だ」という気分になれるでしょう。

eラーニングのレビュー

eラーニングManaBunはスマートフォン・タブレットのアプリや専用ウェブサイトで利用できるデジタル学習システムです。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)eラーニング ManaBun

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座を購入後、発送手続きが完了するとID・パスワードが発行され使えるようになります。

主な機能を以下で解説していきます。

講義動画

eラーニング ManaBunを使って講義動画を視聴できます。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)eラーニング ManaBun 講義動画

※講義はeラーニング(アプリまたは専用ウェブサイト)で視聴するのが原則です。DVDで視聴したい場合はバリューセット2の「DVDオプション」付きのコースを購入する必要があります。

フォーサイト マン管・管業講座の講義では窪田義幸先生がテキストに沿って解説を進めていきます。比較的ゆっくりとしたペースですので、マンション管理関連の学習が初めての人でも安心です。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)窪田講師

前年度と全く同じ講義を受講生に視聴させる通信講座もありますが、フォーサイトはそうではありません。毎年、法改正や最新の知見・業界事情をリサーチし、それらに基づいた講義が撮り直されています。

また講義動画の視聴回数の上限を設けている通信講座もありますが、フォーサイトでは視聴回数の制限はありません。自由に繰り返し再生し学習できます。

「講義中の画面にテキストを映し出す」のもフォーサイトの講義動画の特徴です。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)講義でテキスト映し出し

テキストが画面に表示されますので、手元にテキストを置いていなくても講義を理解できます。隙間時間にスマートフォンで講義を視聴するだけでテキストも読み進めることができ、一石二鳥です。

ちなみに講義時間は合計で約700分(およそ12時間)です。毎日1時間の時間を捻出すれば12日で講義を1週できます。別の見方をするなら2週間足らずでダブルライセンスの基礎固めが完了するとも言えます。計画的に学習を進めましょう。

INFO

フォーサイト マン管・管業講座の公式サイトに講義動画の紹介ページがあります。そちらも参考にしてみてください。

講義音声

eラーニング ManaBunでは講義動画を見るだけでなく講義音声を聴くこともできます。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)eラーニング ManaBun 音声タブ選択画面

車を運転する時間や徒歩で歩いているときなど「映像を見ることはできないが耳を傾けることはできる」時間があります。そのような時間が長い人は「講義の音声だけを聴くことができたら」と願うはずです。ManaBunはそんな需要にこたえています。

ちなみに講義動画と同じくデフォルトはストリーミング再生ですが、音声データを端末にダウンロードしておくこともできます。自宅の光回線でダウンロードしておけば、外出先で通信容量を無駄に使ってしまうこともありません。

音声を聴く回数も特に制限されていませんので、耳が暇なときは講義を繰り返し聞くようにしましょう。何度も聞いたCMを覚えてしまうのと同じく、マン管・管業の講義内容も何度も聴けば自然に記憶できます。

デジタルテキスト

eラーニング ManaBunを使ってデジタルテキストを閲覧できます。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)eラーニング ManaBun デジタルテキスト

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)eラーニング ManaBun デジタルテキスト

フォーサイト マン管・管業講座の受講を開始すると紙のテキストが送られてきます。フルカラーで明るい雰囲気の冊子版テキストです。その電子版をスマートフォン・タブレット・PCの画面上で読むことができます。

私自身は上の画像のようにiPhone・iPadで読んだのですが、紙よりもいっそう色合いがクリアに見えます。ただスマホだと文字がかなり小さく表示されてしまうので、デジタルテキストを読むときはタブレットのほうがおすすめです。

ManaBunにはデジタルテキストをダウンロードする機能もついています。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)eラーニング ManaBun デジタルテキストのダウンロード機能

手元の端末に保存しておけば繰り返し通信する必要がなくなり、通信時間や通信料金を節約できます。受講生に余計な負担をかけない親切設計になっていると感じます。

無料メール質問

フォーサイト マン管・管業講座の受講期間中はeラーニングの専用システムを使って講師やスタッフに質問できます。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)質問システム

質問フォームを使って質問を送信し、1日~数日後に回答を受け取ります。アプリを立ち上げてメッセージを送ればいいだけなので簡単です。

無料で質問できる回数には上限がありますので注意しましょう。2021年11月現在、管理業務主任者講座(単科講座)は5回、マンション管理士講座(単科講座)も5回です。

バリューセットだと回数が増えます。バリューセット1の場合10回、バリューセット2の場合15回まで無料で質問可能です。

回数が限定されているので不安に思う人もいるかもしれません。でもフォーサイトのマン管・管業講座は講義やテキストがしっかりしていますし、問題集の解説も充実していますので、そもそも質問をしたいと思うことがあまりないでしょう。

実際、質問に関する不満の口コミなども見かけたことがありません。

INFO

そうは言っても、やっぱり上限があるのは心配だな…という人もいると思います。そういう人のために一応補足すると、規定回数を超えた場合は有償(質問1件あたり500円程度)で質問することも可能です。

つまり万が一規定の回数を超えた場合でも少額の支払いをすれば質問自体は続けられます。安心して受講しましょう。

学習スケジュール機能など

eラーニング ManaBunにはその他にも「学習スケジュール機能」「確認テスト機能」といった機能が備わっています。

ManaBunの各種機能については次の記事で掘り下げています。合わせてチェックしてみてください。

フォーサイト マン管・管業講座のeラーニング「ManaBun」とは?実際に使ってみた【画像35枚】
フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座のeラーニング「ManaBun」を使ってみました。35枚の画像で使用感をお伝えします。
フォーサイトの新eラーニングManaBunとは?徹底レビュー
通信教育フォーサイトのeラーニング ManaBun を紹介します。インプット学習からアウトプット学習までスマホ1つで完結してしまう神アプリ、爆誕!
INFO

eラーニング ManaBunは無料でお試し利用できます。まずは使ってみることで良さも悪さも実感できるはずです。次のページで無料体験に申し込んで使ってみましょう。

補足資料・副教材のレビュー

ここまでに見た主要な教材やeラーニングの他に、それらを補完する役割をもった補足資料や副教材があります。順番に紹介します。

受講ガイド

「受講ガイド」はフォーサイト マン管・管業講座の全体像と使い方が具体的に記された冊子です。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)受講ガイド

フォーサイトの教材は盛りだくさんなので、最初は「何から始めればいいんだろう?」と戸惑ってしまうかもしれません。

でも最初にこの冊子に目を通しておくと「どんな流れで学習を進めれば良いか」といったことや「講師への質問方法」「試験直前期に利用する教材」などを簡単に把握できます。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)受講ガイド

フォーサイトは受講生に教材を送りつけて「後はそっちで頑張ってね」と放置することはしません。「この順で進めましょう」「こうやって使うと効果的です」ということを丁寧に説明してくれるんです。

受講ガイドはフォーサイト マン管・管業講座を購入したら最初に目を通すべき1冊なのだと考えていただければと思います。

戦略立案編

「戦略立案編」は資格試験合格のためのフォーサイトの合格戦略がつまった冊子です。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)戦略立案編

ここで少し考えてみましょう。なぜ独学をせずに通信講座を選ぶと合格する可能性が高まるのでしょうか。

テキストや講義が良いから? 確かにそういう側面もありますが、より大きな要因は合格戦略にあると私は思っています。

資格試験というものは正しい学習方法で適切な量の学習をすれば自ずと合格できるものなんです。合格者をよく観察すると、その多くがある程度均一の方法で学習し一定以上の学習量を達成している人ですので、そのように考えて構いません。

さてあなたがもし独学をしたとすると、合格に必要な学習方法・学習量をあらかじめ把握することはできるでしょうか。きっと難しいですよね。

一般的な独学者は学習方法・学習量について何も知らず、闇雲に勉強してしまいます。そのため合格する可能性は低いまま。大抵の人は合格できません。

一方、通信講座を受講するということはその講座が練り上げた戦略のもとで学習するということです。戦略には学習方法・学習量はもちろん、目標の設定方法や記憶するコツ、学習計画の立て方やメンタルコントロールといったことも含まれます。

フォーサイトの教材には受講生を合格に導くための知見が随所に取り入れられているのですが、そういった合格戦略を明示的に記した冊子が「戦略立案編」なんです。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)戦略立案編の内容

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)戦略立案編の内容

この冊子を一読して勉強に取り掛かるのとそうでないのとは、数か月後には大きな差がついてしまうでしょう。独学をしているライバルや他講座の受講生に打ち勝つためにも「戦略立案編」は学習初期の段階でぜひ隅々まで読んでください。

合格必勝編

「合格必勝編」は試験直前期の学習指針をまとめた冊子です。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)合格必勝編

試験の1ヶ月くらい前になると、試験日までまだまだ日数があるにも関わらず、毎日とても緊張するようになります。それまで真剣に努力してきている人ほど、無意識のうちに「試験に失敗したらどうしよう」と考えてしまい、不安で不安で仕方なくなってしまうんです。

しかし直前期の過ごし方が本試験の得点に与える影響は計り知れないものがあります。不安になったからといってその時期に現実逃避したり熱を出して寝込んでしまったりすれば、最悪の結果を招いてしまいかねません。

そこでフォーサイトは冊子「合格必勝編」において試験直前期をどのように乗り切るかを丁寧に説明してくれています。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)合格必勝編

内容は「必ず模擬試験を受けよう!」「実力アップ作戦」「精神力増強作戦」「前日の過ごし方」「試験当日の朝の過ごし方」など。試験開始の瞬間までにするべきことがこの一冊につまっています。

本番にもの凄く強い人やメンタルが頑強な人であれば、この冊子を不要だと思うかもしれません。しかし私も含めふつうの精神力の人は「合格必勝編」が手元にあると安心して試験日を迎えられるでしょう。

「フォーサイトは合格実績を重ねているだけあって、学習者の心理状態がよく分かっている」と思わされる一冊です。

演習ノート

「演習ノート」は問題演習をする際に使うノートです。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)演習ノート

開いてみると次の画像のような罫線が引かれています。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)演習ノートの見開き

演習ノートにはフォーサイトの問題演習に対する考え方が如実に表れています。ノートの冒頭にある「使い方」を読むとそれがより明確になるでしょう。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)演習ノートの使い方

一問ごとに各肢の正誤判断と判断理由を記入する構成になっています。私も宅建と管理業務主任者試験に一発合格してきたのでわかるのですが「一肢一肢の正誤判断が正確にできるようになること」および「正誤判断の理由・根拠を明確にできること」が得点力に直結します。

逆に言うと「4つの肢をざっと見て、なんとなく正解だと思える肢を選ぶ」という解き方が一番ダメな解き方です。肢を1つ1つ読み込み根拠をもって正誤判定をするトレーニングが合格には本当に欠かせません。

フォーサイトの演習ノートは「選択肢1つ1つを精密に解く」訓練が実施可能です。フォーサイトの合格者インタビューを見てもこのノートを当たり前のように使っている人ばかりですので、あなたも使い倒すことをお勧めします。

合格カード

「合格カード」はマンション管理士試験・管理業務主任者試験の頻出項目や重要項目をまとめた暗記カードです。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)合格カード

カードの合計枚数は100枚。1枚のおもて面に「問題」が、うら面に「解答」が記されています。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)合格カード

手のひらに収まるくらいのサイズなので、どこにでも持って行くことが可能です。合格者インタビューでも話題になっています。

用語や数字を頭に入れるためには一問一答のような形式で繰り返し解くのが最も効果的です。そのルーティンを回すのに「合格カード」が役立ちます。

試験対策の中盤から本番直前まで、暗記作業をする際はこちらのカードを使いましょう。

資格マンガ

「資格マンガ」はマンション管理の現場の雰囲気を絵とストーリーでつかめる教材です。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)入門マンガ

タイトルは「管理業務主任者 大住健太」。ふとしたキッカケでマンション管理の仕事をすることになった主人公「大住健太」と、彼が担当するマンションの問題、そしてマンション住人との関わりを描いたドラマとなっています。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)入門マンガ

私のようにマンション管理の仕事に直接関わっているわけではない者からすると、マンション管理士・管理業務主任者の仕事がどのようなものなのかはややイメージしづらいところがあります。

しかし、このマンガを一読することで仕事内容はもちろんマンション住人との関係性や管理会社の様子などがかなり具体的に分かります。

マンガなので、視覚的に得られる情報が多いのが良いですね。ちょっと気が強いヒロインの女性もステキです(*´▽`)

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)入門マンガ

全4話で完結…と短いのですが、一話一話の作り方がとてもうまいので「続きを読みたい!」と思えるほどでした。

このマンガを読んでから勉強を始めればテキストの知識をマンション管理の実務と結び付けることもしやすくなります。見えにくい部分ですが、そういう点で学習効果があるのがこの「資格マンガ」です。

合格体験記

「合格体験記」はフォーサイト マン管・管業講座で合格した人々の体験記をまとめた約170ページの冊子です。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)合格体験記

マン管・管業どちらの試験を対象に何月から勉強を始めたのか、具体的にどのような勉強をしたのか、といったことが刻銘に書かれています。合格者たちの率直なことばが綴られた学びの多い資料です。

たとえば「全くの門外漢で知識ゼロから始めて、一発ダブル合格できた40代会社員の方」の合格体験はこんな感じ。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)合格体験記

私は、シューズメーカーで20年間営業一筋の44歳会社員です。(中略)

4月から始めて累計勉強日数200日、累計時間600時間、一日平均3時間。(中略)

フォーサイトのテキストを精読5回程度、フォーサイトの過去問題集を10回程度、フォーサイト直前予想問題集を3回程度。(中略)

結果はマンション管理士39点(合格ライン37点)、管理業務主任者40点(合格ライン36点)でしたので結構な好成績で合格できました。

特筆すべきは、この勉強の内容・スケジュールはすべてフォーサイトのカリキュラムのみに従っただけですし、他社の教材は予想問題集1冊だけ購入したに過ぎず、結果としてはかなり費用対効果が高かったと思います。

「実際に合格できた人は何をどう勉強したのか」が明確に読み取れるため、これから受験する人にとって利用価値の高い体験記になっています。

ちなみに収録されている数々の体験記は20代・30代・40代といった年代別にカテゴライズされています。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)合格体験記 目次

内訳を整理すると次の通り。

年代体験記の数
20代4人
30代13人
40代10人
50-60代15人
主婦4人
合計46人

自分と同じ年代の人の合格体験を読むことで「自分にもできるはずだ!」と強く思えます。モチベーション維持に大いに効果のある一冊です。

INFO

フォーサイト マン管・管業講座の合格体験記はオンラインで読めるものもあります。

講座をまだ購入していない人でも読めますし、インタビュー動画を視聴できたりもします。間違いなく今後の学習の参考になりますので、ぜひ時間を見つけてチェックしてみてください。

フォーサイトの講座と他社の講座との違い

私がフォーサイト マン管・管業講座を受講して「他社と比べてここが違う」「この点が特に優れている」と感じたのは次の2点です。

  • 高い合格率
  • コスパの良さ

以下で詳しく説明します。

高い合格率

フォーサイトの講座と他社の講座の違いの1点目は「合格率」です。

フォーサイト マン管・管業講座は毎年受講生にアンケートを送り、その回答に基づいて受講生の合格率を計算・公表しています。

毎年のようにマンション管理士試験・管理業務主任者試験とも全国平均の2~3倍、またはそれ以上の合格率を叩き出しているようです。詳しい数値は合格率まとめ記事でお伝えしていますので、ぜひ読んでみてください。

フォーサイト マン管・管業講座の合格率は?過去9年まとめ
フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座の過去9年の合格率(2013年~2021年)をまとめました。

他方、他の大手資格対策通信講座・通学講座を見ても、マン管試験・管業試験の合格率を公開しているところは私の知る限りありません。発表しているのはフォーサイトだけです。

なぜフォーサイトだけがしているのかといえば、それは公表しても格好がつくくらい良い合格率だからでしょう。他社の講座でも合格率の調査を内部で行っているはずですが、たいした数字が出ていないのだと考えられます。

フォーサイト マン管・管業講座が毎年合格率を明らかにしている事実はフォーサイトの教材や指導法が他社講座と比較しても優秀であることを強く示唆しています。

INFO

合格率の最新情報はフォーサイトの公式サイトで確認できます。

コスパの良さ

フォーサイトの講座と他社の講座の違いの2点目は「コスパ」です。

ここまで見てきたとおり、フォーサイト マン管・管業講座の教材は非常に充実しています。高品質なテキスト・問題集、さらに映像講義、合格カード、eラーニングアプリ等々。「合格に必要なモノは全て揃っている」といっても過言ではありません。

それほど充実した講座でありながら、講座の料金はバリューセット1で税込5万円~6万円台と破格の安さです。受講料を大手他社と比較してみましょう。

講座名税込価格
TAC
W合格本科生
121,000円
LEC
W合格コース(通信Web)
105,600円
日建学院
管理業務主任者講座
88,000円
ユーキャン
マン管・管業講座
67,000円
フォーサイト
バリューセット1
62,800円

どう見てもフォーサイトが安いですよね。教材が充実過ぎるくらい充実していて価格がこれだけ控えめであるなら、もはやフォーサイトを選ばない理由が無いとすら私は思います。

INFO

受講料は時期によって変わることもあります。最新の受講料は下記ページで確認してみてください。

バリューセットのデメリット

フォーサイト マン管・管業講座にはデメリットが1つだけあって、それは「模擬試験の回数が少ない」ことです。

私は合格するためには模擬試験は1回では少ないと考えています。以下でもう少し詳しく説明します。

私の経験から思うこと

私が管理業務主任者試験を受験したときは模擬試験を試験6回分解きました。試験1回分を6回繰り返し解いたのではなく「模擬試験6回分をそれぞれ何度か解いた」ということです。

私は物量をこなしたことで「自分は合格点を取れる」と確信できるようになりました。そのため落ち着いた精神状態で受験でき、合格基準点プラス数点という余裕のある点数で合格できました。

もし模擬試験を1回分だけにしていたら受かっていたかどうかはよくわかりません。というのも、これは感覚値に過ぎないのですが「模擬試験1回分を解くことで本試験で0.5~1点くらい得点を積み増しできる」と考えています。

この仮説が正しいとすると、私は模擬試験を6回分解いたので積み増し分は3~6点分です。もし十分に模擬試験に取り組まず積み増し分を得られていなかったら、合格ラインを割り込んで不合格になっていただろうと想像できます。

以上のことから、私の考えでは「直前期に試験数回分の模擬試験に取り組んでおくことが重要度MAX」です。ところがフォーサイト マン管・管業講座の教材だけを使うと模擬試験の収録回数が十分でなく、この点がデメリットになります。

デメリット回避方法

上記のデメリットを回避する方法は簡単です。というより既に答えを書いてしまっていますが、試験直前期に各予備校が発売する模擬試験をAmazonや書店で購入して、自分で解けば良いのです。

多くの場合、模擬試験3回分が1冊にまとまっています。出版社を変えて2冊も買えば6回分解くことができます。価格も5,000~1万円くらいに収まると思います。

1万円程度で得点を積み増しできて合格可能性を引き上げられるのなら、これをやらない手はありません。あなたがもしフォーサイト マン管・管業講座を使うのであれば、上記のことを意識しておくと良いと思います。

バリューセットのメリット

フォーサイト マン管・管業講座バリューセットのメリットは次の4点です。

  • ダブルライセンスを狙える
  • セット購入で格安になる
  • 教育訓練給付制度を利用できる
  • 全額返金保証制度を利用できる

以下で詳しくお伝えします。

ダブルライセンスを狙える

フォーサイト マン管・管業講座バリューセットのメリットの1つめは「ダブルライセンスを狙える」ことです。

マンション管理士・管理業務主任者は試験範囲の多くの部分が重なっています。そのためダブルライセンスを狙いやすい資格であると言われています。

しかし実際にダブルライセンスを狙うとなると「勉強の仕方がわからない」「両方とも対策するのは意外と難しい」と感じる人も多いはずです。

一方、フォーサイトのバリューセットは先に見てきた通りマンション管理士・管理業務主任者のダブルライセンス取得に最適化されています。実際にフォーサイトでダブルライセンスを取った人が何人も出ているようです。

単に形式上2つの試験に対応しているだけでなく、確固たる実績を伴ったフォーサイトのバリューセットでダブルライセンスを目指すことは理にかなった判断だと言えます。

セット購入で格安になる

フォーサイト マン管・管業講座バリューセットのメリットの2つめは「セット購入で格安になる」ことです。

この記事では主にバリューセットの内容を紹介してきましたが、実はマンション管理士講座を単独で購入することもできますし、管理業務主任者講座を単独で購入することもできます。

しかしバリューセットで買ったほうが金額的にはかなりお得です。比較のために、受講料金を表にまとめてみました。

講座金額
フォーサイト マン管講座
(単科講座)
46,800円
フォーサイト管業講座
(単科講座)
46,800円
フォーサイト マン管・管業講座
バリューセット1
62,800円

管業講座・マン管講座をそれぞれ単独で買うと合計で93,600円。他方、バリューセット1でまとめてしまうと62,800円。なんと30,800円も安く購入できるんです。この割引額はかなりインパクトがあります。

もちろんマンション管理士試験だけ受験したいとか、管理業務主任者試験だけ受験したいという場合は単科講座で十分です。でももしダブルライセンスを目指しているなら、バリューセットを買うほうが間違いなくお得になります。

INFO

繰り返しになりますが、受講料は時期によって変わることもあります。最新の受講料はフォーサイト公式サイトの案内ページで確認しましょう。

教育訓練給付制度を利用できる

フォーサイト マン管・管業講座バリューセットのメリットの3つめは「教育訓練給付制度を利用できる」ことです。

教育訓練給付制度は現在会社に勤めている方や離職後1年以内の方を対象とした厚生労働省のスキルアップ応援制度です。一定の要件を満たした方が厚労省の指定講座を受講し修了すると、受講料の20%程度の支給をハローワークから受けることができます。

給付金の支給は資格試験の合否に関わらず受けられます。2022年度はフォーサイト マン管・管業講座バリューセット1が教育訓練給付制度の対象講座です。ぜひこの制度を活用しましょう。

全額返金保証制度を利用できる

フォーサイト マン管・管業講座バリューセットのメリットの3つめは「全額返金保証制度を利用できる」ことです。

全額返金保証制度は対象講座を受講して一定の要件を満たしたにも関わらず受験結果が不合格となってしまった場合に、受講料全額を返金してもらえるというフォーサイト独自の制度です。

「受講生の合格に責任を持つ」というフォーサイトの姿勢がこの制度によく現れています。なお実際に返金を受けるには学力テスト等で好成績を納めるなど複数の条件を満たすことが必要です。

2022年度はフォーサイト マン管・管業講座のバリューセット2が全額返金保証制度の対象講座となっています。興味のある方は早めに返金条件を確認し準備を進めましょう。

フォーサイト マン管・管業講座の購入手順

最後にフォーサイト マン管・管業講座の購入手順を解説します。ざっくり言うと次の5ステップです。

  1. 受講料・お申し込みページへアクセス
  2. 希望のコースを選択
  3. 住所・氏名等を入力する
  4. 入力内容を確認する
  5. 決済情報を入力して申し込む

より詳細な購入手順を画像を交えて解説していきます。

  1. フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)受講料・お申し込みページ

    フォーサイト マン管・管業講座の「受講料・お申し込み」ページにアクセスします。

  2. フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)バリューセット2通常セットの申し込みボタン

    画面を下にスクロールして、申し込みたい講座(ここでは例としてバリューセット2の通常セット)の申し込みボタンをタップします。

  3. フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)カートの確認画面

    「講座お申し込み カートのご確認」画面に切り替わるので、講座名が正しければ「お客様情報の入力へ」ボタンをタップします。

  4. フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)講座お申し込み STEP1 ご入力

    「講座お申し込み STEP1 ご入力」画面に切り替わります。

  5. フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)住所・氏名等入力画面

    画面を少し下にスクロールして、住所・氏名等を入力します。

  6. フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)決済方法を選択

    決済方法を「クレジットカード決済」「代金引換」「銀行振込」「コンビニ払い」の中から選択します(今回は例として「クレジットカード決済」を選択)。

  7. フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)「同意の上、確認画面へ」ボタン

    バリューセット1の場合は「教育訓練給付制度」の案内が、バリューセット2の場合は「全額返金保証制度」の案内が出ますので、一読して問題がなければ「同意の上、確認画面へ」をタップします。

  8. フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)講座お申し込み STEP2 ご確認

    「講座お申し込み STEP2 ご確認」画面が現れます。

  9. フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)入力値を確認

    画面を下にスクロールして、入力した内容に間違いが無いかどうかを確認します。

  10. フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)「決済情報の入力へ」ボタン

    間違いが無いことを確認できたら「決済情報の入力へ」ボタンをタップします。

  11. フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)講座お申し込み STEP3 決済情報入力

    「講座お申し込み STEP3 決済情報入力」画面が現れます。

  12. フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)「申し込む」ボタン

    クレジットカードの番号等を入力して、「申し込む」ボタンを押せば完了です。

  13. フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)申し込み完了画面

    「ご注文ID」と確認メールを送信した旨が表示されます。

  14. フォーサイト 申し込み確認メール

    念のため、確認メールの内容を確認しておくと良いでしょう。

  15. フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)届いた箱フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座(マン管・管業講座)開いた箱

    2~3日待つと箱に入った状態で教材が届きます。

この記事のまとめ

今回は「フォーサイト マン管・管業講座バリューセットとは?購入レビュー」というテーマでお伝えしました。記事の内容を復習しましょう。

フォーサイト マン管・管業講座バリューセットの教材は次の通りです。

  • マン管講座・管業講座 共通テキスト
  • マンション管理士 過去問題集(5冊)
  • 管理業務主任者 過去問題集(4冊)
  • その他(eラーニング・択一対策編など)
  • 科目別答練講座(バリューセット2のみ)

フォーサイト マン管・管業講座が他社と比べて特に優れている点は次の2点でした。

  • 高い合格率
  • コスパの良さ

バリューセットのデメリットとして「模擬試験の回数が少ない」ことを指摘しましたが、その一方で次の4点のメリットがありました。

  • ダブルライセンスを狙える
  • セット購入で格安になる
  • 教育訓練給付制度を利用できる
  • 全額返金保証制度を利用できる

講座の購入方法は次の5ステップでした。

  1. 「受講料・お申し込み」ページへアクセス
  2. 希望のコースを選択
  3. 住所・氏名等を入力する
  4. 入力内容を確認する
  5. 決済情報を入力して申し込む

長くなりましたが、フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座の全体像がつかめたのではないかと思います。ここまでの内容があなたの講座選びのお役に立てば幸いです。

最後に付け加えると、どの通信講座で学ぶにせよ、可能な限り早めに受講を開始するのが良いと思います。少しでも早くスタートを切れば、そのぶんだけ後に続く人々より学習時間を確保でき、有利になりますので。

以上、参考になれば嬉しいです。

次の記事もよく読まれています
【毎日更新】フォーサイト キャンペーン・クーポン一覧
2022年11月の最新キャンペーン・クーポン情報と安い時期、その他のお得な割引情報を網羅的に解説しています。
フォーサイト マン管・管業講座を安く受講する方法
フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座の受講料を安く済ませる方法をまとめました。実際に購入した私だからこそ知っているお得な情報です。サッと一読してガッツリ費用を抑えましょう。
フォーサイト マン管・管業講座の評判は?実際に受講してみた
フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座の口コミ19件を紹介。ブログ運営者も実際に受講してコメントします。
フォーサイト マン管・管業講座の合格率は?過去9年まとめ
フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座の過去9年の合格率(2013年~2021年)をまとめました。

フォーサイト マン管・管業講座
公式サイトを見る

タイトルとURLをコピーしました