宅建の合格ラインとは?2020年度の予想合格点を知る方法は?

宅建試験の「合格ライン」「予想合格点」とは?

宅建試験一発合格済みの宅建士Kiryuです(*^o^*)

今回は宅建試験の「合格ライン」と「予想合格点」について解説します。

職場やツイッターの受験仲間たちが「合格ライン」「予想合格点」の話をしていたけど、何だろう…? 今さら聞けない…

というあなたに向けてわかりやすく解説しました(*^o^*)

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合格ラインとは

宅建試験の合格ラインとは、試験合格・不合格の基準となる点数のことです。

たとえば「35点以上で合格」であれば、35点が合格ラインと呼ばれます。

宅建試験は合格ラインが毎年変わるため、本試験が終わった後は「今年の合格ラインは何点?」という話題が大きな関心を集めます。

以下、もう少し補足していきます。

そもそも宅建試験は何点満点?

宅建試験は全50問、50点満点の試験です。

といっても、資格創設当初からそうだったわけではなく、次のような変遷があります。

1958年~1964年
問題数は30問(30点満点)
1965年~1980年
問題数は40問(40点満点)
1981年以降
問題数は50問(50点満点)

合格ラインの推移は?

宅建試験の問題数が50問になった1981年(昭和56年)以降の合格ラインの推移は、以下の通りです。

宅建試験 予想合格点の推移

年度ごとの合格率データ(タップで開く)
実施年度合格点
1981年(昭和56年)35
1982年(昭和57年)35
1983年(昭和58年)30
1984年(昭和59年)31
1985年(昭和60年)32
1986年(昭和61年)33
1987年(昭和62年)35
1988年(昭和63年)35
1989年(平成元年)33
1990年(平成2年)26
1991年(平成3年)34
1992年(平成4年)32
1993年(平成5年)33
1994年(平成6年)33
1995年(平成7年)28
1996年(平成8年)32
1997年(平成9年)34
1998年(平成10年)30
1999年(平成11年)30
2000年(平成12年)30
2001年(平成13年)34
2002年(平成14年)36
2003年(平成15年)35
2004年(平成16年)32
2005年(平成17年)33
2006年 (平成18年)34
2007年(平成19年)35
2008年(平成20年)33
2009年(平成21年)33
2010年(平成22年)36
2011年(平成23年)36
2012年(平成24年)33
2013年(平成25年)33
2014年(平成26年)32
2015年(平成27年)31
2016年(平成28年)35
2017年(平成29年)35
2018年(平成30年)37
2019年(令和元年)35

上のグラフから次のことがわかります。

  • 直近約40年間では、宅建試験の合格点は30点から36点の幅にほぼ収まっている(30点を下回ったのは2回だけ。36点を上回ったのは1回だけ)
  • 明確な上昇傾向・下降傾向はみられず、「30点から36点の幅」を行ったり来たりしている
  • 出現頻度で見ると、最も多く現れた合格点は33点(9回出現)および35点(9回出現)である

合格点の発表はいつ?

合格点は、合格発表日の午前9時半以降、試験実施団体のRETIOのホームページで正式に確認できます。

その一方、住宅系の新聞社の公式サイトまたはSNSで、合格発表日当日の0時過ぎに速報値が発表されることがあります。

合格ラインの速報値を知りたい場合は下記リンク先をチェックしておきましょう。

※必ず速報値が発表されるとは限りません。年によってまちまちです。

予想合格点とは

宅建試験の予想合格点とは、資格スクールや通信講座が本試験後に発表する「合格ラインの予想」です。

どうやって予想するのか

「えっ!合格ラインの予想なんてできるの!?」と驚いてしまうかもしれませんが、「その年の試験問題」と「多数の受験生の回答情報」があれば、統計学的に可能です。

「その年の試験問題」は、本試験終了後、試験実施団体のサイト等で公開されます。

「受験生の回答情報」というのは、どの問をどの選択肢で解答したかという情報のことです。

どうやってその情報を収集するかというと、いくつもの方法がありますが、宅建試験の時期になるとよく目にする「自動採点システム」がわかりやすいかなと思います。

試験後に、色々なスクール・通信講座が「自動採点システム」を提供して受験生に利用を呼びかけます。

受験生はシステムに自分の回答を入力して自動採点の結果を受け取るのですが、その裏でスクール・通信講座は受験生たちの回答情報を手に入れて、合格点の予想に使っているのです。

予想は当たるのか

予想を的中させるスクール・通信講座は、毎年たくさんあります。

といっても、多くのスクール・通信講座が「35±1点」という具合に幅を持たせた予想をするので、その幅の中におさまるという意味での「的中」ですが(^^)

さすがに幅の無い予想を出してピッタリ当てるということは難しいようで、単一年度でピッタリ当てた例は見られるものの、毎年ピッタリ当てているスクール・通信講座はありません。

2020年予想合格点を知る方法

例年、資格スクール・通信講座は、宅建試験の予想合格点を「速報」のひとつとしてウェブサイト等で配信します。

主要な速報サイトを次の記事でまとめていますので、最新年度の予想合格点を知るためにはそちらをチェックしてください。

宅建試験の「速報」とは? 2020年度解答速報サイト等まとめ
【宅建士合格ブログ】宅建試験の3種類の「速報」を解説します。試験後間もなく配信される「解答速報」「予想合格ライン」「解説・講評」について把握し、情報収集に役立てましょう。Twitter・5chの便利なリンクも。

予想合格点について私が思うこと

個人的には、予想合格点で出てくるような数字をはるかに上回った点数を取れるように、十分な準備をした上で試験に臨むのが一番良いと思います。

予想合格点は、スクール・通信講座ごとにばらつくものです。

ということは、あなたが合格ライン前後の点数しかとれなかった場合、本試験後から合格発表日まで毎日毎日各スクール・講座の予想合格点を見て、「合格できているのか?できていないのか?」と悶々と過ごすことになります。

そんなのイヤじゃないですか?

むしろ、自己採点を終えた瞬間に「この点数ならどう考えても合格している!」と確信したくはないでしょうか。

このあたりの話は次の記事でもう少し具体的にお話ししていますので、ぜひ読んでいただければと思います。

宅建の勉強時間は?一般的な目安と独学合格した私の推奨時間
【宅建士合格ブログ】宅建試験の合格に必要な勉強時間について、「世間一般で言われている目安」と「完全初心者の状態から独学し一発合格した私の推奨時間」とをお伝えします。

この記事のまとめ

今回は宅建試験の合格ライン・予想合格点について解説しました。

内容を復習しておきましょう。

  • 宅建試験の合格ラインとは、試験合格・不合格の基準となる点数のことである
  • 直近約40年間では、宅建試験の合格点は30点から36点の幅にほぼ収まっており、明確な上昇傾向・下降傾向は無い
  • 宅建試験の予想合格点とは、資格スクールや通信講座が発表する「合格ラインの予想」である

以上参考になれば嬉しいです。

▼こちらの記事も人気です▼

一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。
フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。
スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。

コメント