宅建士は就職・転職に有利なの?ブログ管理人の実体験をシェア。資格を活かして転職できる支援サービスもまとめたよ!

「宅建士の資格を取ると就職・転職に有利なの?」

「宅建士試験合格後に就職・転職できた人の体験談を聞きたい!」

「宅建士資格を活かして仕事を探す場合、どんな活動をすれば良い?」

宅建士資格って、本当に魅力的な資格ですよね。色々な魅力がありますが、中でも一番の魅力は就職や転職をする際に役に立つと言われていることだと思います。おそらく宅建士試験を受験しようという人の半分以上が、将来の仕事探しに何かしら役立てたいと考えているのではないでしょうか。

宅建士の合格は一生有効ですし、資格そのものも5年に1回の更新を毎年続ければ効力を保ち続けます。今後のキャリアアップに使えることはもちろん、不意に失職してしまったときにもセーフティーネットとして機能するでしょう。取得までの道のりは少し長いですが、取ってしまえば多くのメリットを享受できるのが宅建士資格です。

一方で、「宅建士資格なんてたいした意味はない」「誰でも取れるから就職で役立つということはない」と主張する人もいます。それらは誤解に満ちた意見で、全く相手にする必要はないと私は思います。ですが、まだ宅建士資格のことを良く知らない初心者の人は、惑わされてしまうことがあるようです。

そこでこの記事では、宅建士の就職・転職における有用性について、あなたに真実をお伝えしたいと思います。この記事を読み進めていくと、あなたは次の3つのメリットを得られます。

  • 宅建士資格を人事担当者が好意的に見るのはなぜなのか、その理由が分かる
  • 宅建士資格取得後に就職・転職活動をしたブログ管理人の実体験を読むことができる
  • 宅建士資格を活かして就職・転職活動する際に利用できる「無料支援サービス」が分かる

以下の内容を読むことで、宅建士資格が本当に就職・転職に役立つことがはっきりと分かると思います。同時に、読み終わる頃には「絶対に合格するぞ!」という気持ちになれることでしょう。ごゆっくり読んでいってください。

スポンサーリンク

宅建士資格を人事担当者が好意的に見る理由

宅建士資格は就職や転職で有効に機能すると言われますが、そこにはどのような理由があるのでしょうか。

企業で応募者の採否に重要な影響を及ぼしているのは人事担当者です。中規模以上の会社なら人事部のスタッフであり、小規模な会社だと社長だったりします。いずれにしても、人事担当者の人々は宅建士資格保持者を好意的に評価します。人事担当者が宅建士資格保持者を好意的に評価してくれるからこそ、就職・転職活動で有効に機能するわけです。

では、人事担当者が宅建士資格保持者を好意的に評価するのはどのような理由でしょうか? 大きく分けて3つの理由が考えられます。

  • 一定の法律知識を習得済であることが分かるから
  • 「頑張れる人」の証明になるから
  • 宅建業では「5人に1人」は必ず必要だから

以下で順番に見ていきましょう。

一定の法律知識を習得済であることが分かるから

現代はコンプライアンス(法令遵守)の時代です。コンプライアンスとは、企業は法律やルールを良く守って営業活動をしなければならない、という考え方のことを指します。

インターネットやSNSが普及した現代では、コンプライアンスが守れていない会社は従業員や顧客によって告発されることがあります。告発により悪い評判が広まってしまうことは営業活動上のリスク以外の何物でもありません。そのためコンプライアンス意識が従来になく高まっているのです。

他方、宅建士試験は法律の試験です。「民法(権利関係)」という分野では、日本において一般の人や会社が守るべき・従うべき法律上のルールについて学びます。「宅建業法」という分野では、不動産の取引において消費者が守られるべき存在であることを学びます。従って、宅建士資格を有している人は私たちが守るべきルールの専門家でもあるのです。

求人を出している企業は、遵守すべきルールについて何も知らない人よりも、ある程度知識を持っている人のほうにより高い価値を見出すでしょう。なぜなら、ルールをよく知っている分、ルールを犯す可能性も少ないと考えられるからです。より多くの宅建士資格保持者を擁することは、企業自身がコンプライアンスに反することなく活動していくことに貢献すると考えられます。

以上のような現代的な理由から、宅建士資格保持者は以前にもまして人事担当者にとっては評価される対象になっているのです。

「頑張れる人」の証明になるから

宅建士試験は、数十年前は少し勉強すれば容易に取得できる資格でした。しかしながら、現在では取得したくても簡単には取得できません。何度も落ちてしまうという人が続出するくらい難しい試験になっています。このことは、不動産業に関わっている人はもちろん、不動産業と関わりの深い業界(銀行業や建設業)では特によく知られていますし、中規模程度の企業の人事担当者なら当然把握しています。

さて少し思考実験をしてみましょう。あなた自身が求人中の会社の人事担当者だったとしてください。良い人材が来ないものかと、毎日応募のあった履歴書に目を通していますが、中々これといったものがありません。そんな中、難関レベルに近い宅建士試験に見事合格した応募者が現れたら、どう評価するでしょうか。

もちろん、かなりの好印象ですよね。一定期間勉強を続けて合格を勝ち取れる能力を持った人なら、厳しいうちの会社でも忍耐強く仕事をしてもらえるだろう。宅建士試験に合格するくらいだから、地頭もそこそこ良いに違いない。もしかすると会社に必要なその他の資格の取得にも前向きになってくれるのではないか…期待と評価がグングン高まるはずです。

このように、宅建士試験は試験自体の難化にともなって、履歴書に書いてあるだけでも相当なアピール力を持つようになっています。同じ程度の能力・経歴を持った2人の応募者がいて、一方は宅建士資格保持者でもう一方はそうでないとなれば、宅建士資格保持者のほうが圧倒的に高く評価されるでしょう。宅建士試験の難化は受験する側からすると悩みの種ですが、資格取得後はむしろあなたの価値を高めてくれたりもするのです。

宅建業では「5人に1人」は必ず必要だから

宅地建物取引業を主な事業としている不動産会社では、宅建士の資格を持った人材を確保することがとても重要になってきます。あなたもきっと知っている通り、宅地建物取引業を営むためには、従業員の5人に1人という割合で宅建士を雇い、専任の宅建士として登録しておく必要があるからです。

この5人に1人という基準は、知名度の高い大手不動産会社にとってはそれほど厳しい要求ではありませんが、不動産業を営む中小企業にとってはかなり高いハードルです。その証拠に、宅建士資格保持者の応募を歓迎・優遇する中小企業の求人は、常に多く出されています。「宅建士の資格を持っていれば食いっぱぐれない」と言われる由縁です。

宅建士資格を持った応募者が不動産会社で評価されやすいのは当然ですが、その他にも「事業の一環で土地や建物を何度も購入・売却する企業」は、宅建士資格保持者を必要としています。

たとえば太陽光発電の事業者や、老人介護福祉施設のプロデュースを事業として行おうというベンチャー企業は、必然的に不動産との関わりが深くなるため、宅建士資格保持者を揃えておきたいと考えます。

以上見てきたように、宅建士資格を持っていることで、就職・転職活動の際に人事担当者に高く評価してもらうことができます。宅建士資格を持っている人はそう多くはないので、同時期に同じ会社に応募している人には差をつけることができ、良い意味で「かなり目立つ」のです。宅建士試験が毎年20万人もの人が受験する人気資格である理由は、実はこういうところにあったりします。

私の就職・転職体験談

上記では、宅建士資格が就職の役に立つのだということをご説明しました。でも、それらはいわば「理屈」に過ぎないじゃないかと感じている人もいるかもしれません。あるいは「本当にそうなのかな?」と疑いの気持ちが晴れない人もいるかもしれません。

ですが、私は自信を持ってもう1度「宅建士資格は就職の役に立つ」とあなたに伝えたいと思います。そうできるのは、私自身が宅建士資格を活かして就職・転職に成功しているからです! そこで以下では、私の実体験をお話ししたいと思います。あなた自身の今後の活動においても、何かしら参考になることがあると思います。

初めての就職と退職

話はいったん私が20代前半の頃にさかのぼります。私は親のスネをかじりつつ、一般的なランクの大学に通わせてもらい、無事に卒業することができました。しかし、これといってやりたい仕事も無かった私は、全く就職活動をしておらず、卒業後すぐに定職につくことができませんでした。

かといって、何もせずに自宅でダラダラ過ごすわけにもいきません。私はちょっと変わっていて「やってみたい研究」がありました。そこで一念発起して文系の大学院に進んでみました。しかし残念ながらあまり実力が伴っておらず、パッとしない研究生活が長く続きました。

そんな私でしたが、ある年の初め頃、家庭事情の変化に端を発して心境が変化し、いよいよ就職しなくてはと決意しました。年齢は29歳の終わりで、もう間もなく30代に突入しようというところでした。

その頃は、職歴が一切無いのはもちろん、宅建士の資格も持っていません。就職したくてもムリかもしれないな…と考えていたのですが、いくつかの求人に応募などをしてみたところ、幸運にもある企業に採用してもらえたのです。「えっ? 職歴が無いのにこんなに簡単に就職できて良いの?」と驚くと同時に、初の就職が決まったことに喜びを感じました。

でもその喜びは一瞬で消えて無くなったのです。入社してみると、その会社はとんでもないブラック企業だと分かりました。朝は8時から夜は終電までの長時間労働。休日も当然のように出社を強いられますが、無給。営業成績が上がらなければ個室に呼び出されて恫喝される。そういう闇の会社に入ってしまったのです。

考えてみれば、企業が社会人経験も資格も一切無い人間を雇う理由は、たった一つでした。それはよほど労働環境が悪く、人が定着しないということ。世間知らずだった私は、そのことに思いが至っていませんでした。

私は「こんな仕事は長くは続けられない」と感じ、退社しました。入社からわずか半年足らず、試用期間すら終わっていない、真夏の暑い季節のことでした。

最悪の経歴

私はあっという間に転落して、再び無職となりました。退職するという決断が正しいことは確信していたのですが、結果的に、私は30歳目前という年齢でありながら、入社した1社を半年で辞めるという、というどうしようもない経歴を作ってしまいました。

そこからいくつかの会社に応募したのですが、やはりどこも面接すらしてくれません。応募書類が返却されてくるたびに落ち込みました。自分は社会に必要とされていないのだと落ち込み、暗い気持ちになりました。

仕事をしていないので、貯金もどんどん無くなっていきます。焦りが募りました。「自分はもう定職には二度と就けないのだろうか…」そう思い悩みました。

しかし私には、たった一つだけ希望があったのです。それは、最初の就職活動を始めたあたりから、宅建士試験の受験を計画していたことでした。誰にも言っていませんでしたが、日々学習時間を確保し、コツコツと学習を積み重ねていたのです。

受験と再就職

秋になり、宅建士試験を受験しました。試験直後は、手ごたえがあるような、ないようなよく分からない感覚でした。しかし試験会場から帰宅して自己採点をしたところ、通常の合格ラインをはるかに超えていることが分かりました。

それでも、本当に合格したということが分かるまでは気分が落ち着きませんでした。季節が冬に変わった頃。私の一人暮らしの部屋に、宅建士試験の合格通知が届きました。「やった!受かった!!」暖房もつけていない寒い部屋でしたが、心が温かくなっていきました。

すぐに年明けを迎え、私は登録実務講習を受けて宅建士として登録を果たしました。同時に、私は再就職に向けて再び活動を開始しました。今回は、履歴書に宅建士の資格のことを記載して応募できます。資格欄が輝いているように見えました。

私はハローワーク求人や転職サイト・転職エージェント等を利用し、宅建士資格者を優遇している求人を中心に応募しました。もちろん、ブラックでないかどうかは、慎重に確認をしました。書類選考に通った順に、いくつかの企業に面接に行きました。

すると、本当に驚いたことに、一気に3社から内定をもらったのです! 宅建士取得前は、どの会社にも全く相手にされなかったのに…。年齢はほぼ30歳、経験は1社のみ、しかも半年で辞めているという最悪の経歴であるにも関わらず、複数の会社から内定をもらえたことは衝撃的でした。

「よかった… もう1回、定職に就けるんだ」と、私は心から安堵しました。そして、3社を比較検討できる「選べる立場」になったことを実感し、嬉しくなりました。就職・転職のしやすさが、宅建士資格取得によって劇的に変化したわけです。

私は、3社の中から最も条件の良かった1社に入社しました。その会社では専任の宅地建物取引士として迎え入れてもらいました。その後は毎月安定した収入を得て、人並みの生活を送りつつ、社会人として成長させてもらいました。

その後、私はキャリアアップのために転職を重ねました。現在は、某大手メーカーに務めることができています。もちろん、転職する際の履歴書欄には「宅地建物取引士」の資格を記してアピールをしています。私の就職・転職活動がうまく行ったのは、宅建士資格のおかげだと心から思っています。

私と似た境遇の人へのメッセージ

繰り返しになりますが、30歳、職歴1社、半年の就業のみという圧倒的に不利な経歴だったとしても、宅建士の資格を活かすことで、私は就職することができました。宅建士試験に合格できたことが、私の未来を救ったのです。試験の受験をして合格でき、本当に良かったと思っています。

以上のような経験から、私は「なかなか定職につけない人」や、「履歴書の内容が不利で、書類選考で落ちてしまう人」、「少しでも転職活動を有利にしたい人」に、宅建士試験の受験を強くおすすめしたいと思っています。この資格を取ることができれば、就職・転職活動に新しい光が差し込むことは、ほぼ間違いありません。

宅建士資格を取りましょう。あなたの人生を、あなた自身の力で好転させるために!

宅建士資格を活かして転職する方法(支援サービスまとめ)

ここから先は、宅建士試験に合格した後に、ぜひ利用してもらいたい転職サイト・転職支援サービス(無料)の紹介です。サービスへの登録自体は資格の有無に関わらずできますので、早めに登録しておいてもいいかもしれません。私自身も、資格取得以前に登録して活動をしていました。

しかし、宅建士試験に合格した後に利用すれば、より効率的に就職・転職活動が進むはずです。なぜかといえば、もうお分かりですよね。人事担当者から高く評価されるようになるからです。ぜひ転職支援サービスを積極的に利用して、あなた自身のキャリアアップ・年収アップやホワイト企業への就職につなげてください。

職歴が無い・浅いけど正社員を目指す人

これまで定職に就いたことが無い人ほど知らなかったりするのですが、実は「フリーター」「ニート」「既卒」「第二新卒」をメインのお客様として迎えている転職サイトだってあるのです。私が知っているだけでも2社ありますので、ご紹介します。

まずは若者正社員チャレンジ事業。対象者は「29歳以下の人」で「就職・就業経験がない方」や、「非正規での就業経験のみの方」など。仮にアルバイトの経験しか無かったとしても、20代であればOKです。東京の企業を中心に紹介してくれます。

正式に利用申込みをすると、担当のアドバイザーが付きます。その後は希望の仕事の実習を受けさせてもらった後に、適正を見極めてから正社員として就職するという流れです。やる気のある若者を応援するプログラムとなっており、関東周辺の方には特にオススメです。はじめは説明会だけ参加してみても良いと思います。

上記と同様、フリーターや既卒の人を対象にしつつ、関東だけでなく関西の求人を紹介しているサービスとしてハタラクティブがあります。プロのカウンセラーが「自分発見カウンセリング」であなたにあった職種、業種を見つけ出してくれます。紹介してくれる求人自体も、ハタラクティブのスタッフが「未経験OK」であることを現地で確認したものに絞ってあるため、ミスマッチがありません。

ウェブ申込み完了後は、フリーダイヤル0120-979-185より電話がかかってくるので、その点だけ注意しておいてください。出られなかったら、後で都合の良いときにかけなおせばOKです。カウンセラーにあなたの現状と希望を全て話せば、プロの目線で就職・転職支援をしてくれるはずです。

30代以上の人・のんびりやりたい人

「既に30代以上だけど、不動産業界の経験は無い」という方や、「宅建士の資格は取るんだけど、正社員としてガツガツ働きたいわけでもない」という人の場合は、派遣や紹介予定派遣で働いてみるのが良いと思います。派遣の求人を多く取り扱っているのはマイナビスタッフです。

不動産系の事務職はもちろん、一般事務や学校事務なども幅広く扱っています。宅建士の資格をアピールしつつ、マッタリと仕事できそうな環境を探しましょう。マイナビといえば求職サービスとしては最大手なので、安心して利用できますよね。

職歴があり、不動産業界でキャリアアップしたい人

「不動産業界で働き、ある程度経験を積んだ人」や、「不動産業界は未経験だが宅建士資格は取った」という人には、不動産業界の求人を専門に取り扱っている廣済堂キャリアリサーチをおすすめしたいと思います。よくある賃貸・売買の仲介営業やプロパティマネージャーばかりでなく、法務を担当する部署や都市開発営業、IoTを活用した新しい不動産ビジネスなど、不動産分野で幅広い求人を取り扱っています。

登録後は、キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書の作成指導や面接対策を実施するほか、面接同行までしてくれます。親身なサポートが身に染みるような転職支援サービスです。キャリアアップしたい宅建士取得者は、「登録するべき」と言っても良いくらい利用価値の高い転職支援サービスです。

職歴があり、不動産業界以外でも幅広く求人を探したい人

宅建士資格を自分の強みにしつつ、不動産業界以外の求人も視野に入れて転職したいという人も多いと思います。あなたがもしその1人であれば、パソナキャリアがベストな選択肢です。なぜそう言えるのか?

その答えは、取り扱っている求人の幅の広さにあります。「職種未経験OK」の求人から、リーダー・マネージャー・部長・事業責任者クラスまで。企業規模についても、ベンチャーから大企業まで。求人数の合計は業界最大級の30,000件以上。あなたにふさわしい転職先がきっと見つかるに違いありません。

(パソナキャリアの中の人に教えてもらったのですが、はじめての転職や女性の転職を特に積極的に支援しているそうです。当てはまる人は、より充実したサービスを受けるチャンスなのでぜひ登録しましょう!)

ところで、既に数年のキャリアのある人なら「そもそも自分自身の市場価値って、どのくらいだろう?」と疑問を持つかもしれません。あなた自身の市場価値を知っておくことは、今後の転職活動で給与・年収の交渉ができるかどうかにも関わってきますから、かなり重要です。

@typeの転職力診断テストを使ってみると、あなた自身の市場価値である「転職力」を点数や予想年収で知ることができます。自分に点数をつけられるのはちょっと怖い気もしますよね。でも、あなた自身のキャリアを「安売り」しないためにも、一度は診断テストを受けて結果を知っておくべきです。少なくとも、受けて後悔することは無いと思います。

この記事のまとめ

以上、宅建士資格と就職・転職にまつわる話題をお話してきました。この記事のポイントを以下にまとめておきます。

  • 宅建士資格を取っていると人事担当者に評価されるようになり、転職・就職の際に有利である
  • 履歴書の職歴欄が最悪でも、宅建士の資格を持っていれば同時に3社から内定をもらえることもある
  • 不動産業界で経験を積んでいる人向けの転職支援サービスがあることはもちろんだが、フリーターや既卒を対象とした支援サービスや、派遣の求人をメインにしている支援サービスもある

「就職・転職がうまくいかない」という困難を打ち砕いてくれるのが宅建士という資格です。宅建士資格は、私たちの人生における障害を取り除いてくれる強力な武器なのだと私は思います。お金で買うことはできませんが、必死に努力すれば手に入ります。あなたなら大丈夫です。絶対に試験に合格して、共に未来を切り開きましょう!

★ ★ ★

以上で「宅建士入門」カテゴリの記事は終わりです。未読の記事はありませんか? 目次ページでチェック!

宅建士入門 記事一覧
宅建士初心者にぜひ知っておいてほしい基本情報をまとめたカテゴリーです。資格の概要、取得メリット、難易度、合格率、合格に近づける勉強法・対策など。当ブログは、宅建士試験の合格を目指すあなたを全力で応援しています!

「宅建士入門」を全て読み終わった人向けに、まだまだ情報を提供しています。通信講座レビューを綴った「フォーサイト宅建士」「宅建士通勤講座」カテゴリーと、「独学ノウハウを詰め込んだ「独学で宅建士」を、引き続きお楽しみください♪

フォーサイト宅建士通信講座の口コミ・評判が分かる10記事まとめ!
フォーサイト宅建士通勤講座が気になるあなたへ、口コミ・評判・使用感をまとめた10件の記事を贈ります!
宅建士通勤講座の口コミ・評判が分かる10記事まとめ!
宅建士通勤講座が気になるあなたへ、口コミ・評判・使用感をまとめた10件の記事を贈ります!
「独学で宅建士」合格ノウハウ記事一覧
宅建士試験に一発合格した管理人の勉強ノウハウを、全部公開! 合格するための「考え方」を書いています。独学する人はもちろん、通学講座・通信講座受講中の方にも役立つ内容です!

コメント