高校生でも独学で宅建試験に合格できる理由とその方法

高校生でも独学で宅建試験に合格できる理由とその方法

宅建試験に一発合格済みの宅建士Kiryuです(*^o^*)

今回は高校生でも独学で宅建試験に合格できる理由と、その方法を語ります。

ちなみに、私が独学で宅建試験に合格したのは20代の後半でした。

その経験から、10代の高校生の方にアドバイスできることをお伝えしたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

高校生でも独学で宅建に合格できる理由

「高校生でも独学で宅建試験に合格することは可能か」という議論がなされることがありますが、もちろん合格可能です。

その理由は次の通り。

  • 独学合格した高校生のブログ等を見かけるから
  • 中学生でも合格しているから
  • そんなに難解な試験ではないから

以下で詳しく見ていきます。

独学合格した高校生のブログ等を見かけるから

独学でも宅建試験に合格できる理由の1つめは、「独学合格したという高校生によるブログやYahoo!知恵袋への書き込みを見かける」ことです。

実際に検索してみると、いくつも出てきます。

実例が存在している以上、高校生でも宅建試験に合格できるのは明白だと言えます。

中学生でも合格しているから

独学でも宅建試験に合格できる理由の2つめは、事実として「中学生でも合格している」ことです。

試験実施団体が毎年公表している「最年少合格者」のデータを確認してみましょう。

年度最年少合格者
平成26年度12歳・男(愛知県)
平成27年度13歳・男(神奈川県)
平成28年度16歳・男(京都府)
平成29年度13歳・男(福岡県)
平成30年度16歳・男(福岡県)
令和元年度14歳・男(茨城県)

12歳・13歳・14歳の子たちは、おそらく中学生です。

上記6年間のうち4回という高い割合で、中学生が合格しています。

細かく言うと、彼らが「独学で」合格したのかどうかはわかりません。

とは言え、仮に独学でなかったとしても、中学生が合格できる試験であることは確実です。

そのことから、高校生ともなれば独学で合格することも可能だろうと推測できます。

そんなに難解な試験ではないから

独学でも宅建試験に合格できる理由の3つめは、「宅建試験はそんなに難解な試験ではない」ことです。

もちろん、宅建試験といえど国家試験ですので、ある程度の読解力と計算能力は要求されます。

とはいえ、どちらも高度なものである必要はなく、高校生くらいの水準を満たしていれば十分です。

次の記事で試験問題の実例を載せていますので、一度読んでみると良いと思います。

宅建試験「宅建業法」科目の範囲と問題例は?一発合格した私が使っていた「解答のコツ」も惜しみなく公開
【宅建士合格ブログ】宅建試験の「宅建業法」科目の過去問を6問取り上げて解説します。一発合格した私が実際に使っていた解答のコツも惜しみなく公開。

前提知識がなければ細かい点までは読み取れないと思いますが、問われていることが何かということはある程度わかるはずです。

専用のテキストで知識を仕入れれば、高校生でもきちんと問題文を読み込めるようになります。

高校生が独学で宅建に合格できない理由

ところで、「高校生が独学で宅建試験に合格することはできない」と言う人もいます。

そこにはどういった理由があるのかというと、次の3つです。

  • 切羽詰まることがないから
  • 周囲の理解が得られないから
  • 計画的な学習に慣れていないから

これから宅建試験を目指そうという高校生の方は、「合格できない理由」も認識しておいたほうが良いです。

以下で詳しく述べていきます。

切羽詰まることがないから

高校生が独学で宅建試験に合格できない理由の1つめは、「切羽詰まることがない」ことです。

大人が宅建を取りたいと考える場合、「いま無職で、宅建を取らないと仕事がない」とか「勤め先から宅建を取らないとクビだと言われた」といった事情が関係していることがよくあります。

こういう人は、必死になって勉強しますので、独学でも受かります。

ちなみに私がそういう人の一人で、「宅建を取れなかったら就職できない。人生が終わる」と真剣に考えていて、必死で勉強しました。笑

このように、人間は切羽詰まると人並み以上のパフォーマンスを発揮できるという習性があります。

しかし、高校生は保護者によって生活が保障されているのが普通で、切羽詰まるなんてことはありません。

宅建試験は成績上位の約15%程度しか合格しませんので、本番では平均よりもずっと良い成績をおさめることが必須ですが、追い詰められていない人がそれを達成するのは結構難しいのです。

周囲の理解が得られないから

高校生が独学で宅建試験に合格できない理由の2つめは、「周囲の理解が得られない」ことです。

社会通念上、宅建試験は高校生が受験するような資格試験ではありません。

では誰が受験するのかといえば、不動産業界や金融業界で働いている大人たちです。

したがって、高校生の方が親や友人に「宅建の資格を取りたい」なんて言っても、理解してもらえないことが多いでしょう。

理解が得られない場合、たとえば教材費や受験料が用意できない可能性があります。

他にも、自宅で試験対策をしているだけで「そんな勉強はせずに大学受験の勉強をしろ」と叱られるかもしれません。

友達付き合いを減らして試験勉強をすれば、「付き合いが悪いやつ」という評判が広がることもあり得ます。

周囲の理解が得られない場合は、受験へのハードルが大きく上がり、独学合格への道は険しいものになります。

計画的な学習に慣れていないから

高校生が独学で宅建試験に合格できない理由の3つめは、「計画的な学習に慣れていない」ことです。

宅建試験に合格するためには、少なくとも3か月、長ければ半年くらいの間、コツコツと学習を続ける必要があります。

というのも、合格には300時間ほど勉強する必要があると言われており、300時間を達成するのに3か月から半年くらいかかるからです。

ここで、平均的な高校生が「3ヶ月から半年で300時間勉強する計画を立て、実行する」ことに慣れているかというと、そんなことはないでしょう。

期末試験の前の1~2週間はたくさん勉強するけど、それ以外は学校や塾から与えられた課題を受動的にこなしているだけだと思います。(私もそうでしたし…)

これが大学受験を経験した後だと、少し様子が違っていたりします。

入試を突破するという目標を立て、一定期間、計画的・能動的に勉強するからです。

以上より、大学受験を経験していない高校生だと計画的な学習には相当不慣れで、宅建を独学で合格するにはハンディキャップを負っていると言えます。

高校生が独学で宅建試験に合格する方法

高校生が独学で宅建試験に合格できる理由と、できない理由とを見てきました。

どれもそれなりに納得のいくものだったと思います。

では、高校生が独学で合格する可能性をできる限り高めるには、どうしたら良いのでしょうか?

答えは簡単で、上で見た3つの「合格できない理由」を克服し、反対の状態を作り出せば良いのです。

そうすると、合格できない理由が無くなって、合格できる理由だけが残ります。

これが私が提案する「高校生が独学で宅建試験に合格する方法」です。

3つの「合格できない理由」の克服について、以下でもう少し詳しく説明します。

自分を追い込む

高校生が独学で宅建試験に合格するには、自分を何かの形で追い込んでしまいましょう。

高校生が独学で合格できない理由として「切羽詰まることがない」と指摘しました。

人間は、差し迫った状況でないとなかなか勉強できない性質があります。

しかし、そういう性質があることを理解できたのであれば、あなたは無意識のうちに勉強しない状況に陥らないよう、工夫できますよね。

一番簡単で効果があるのは、複数の友達に「必ず宅建試験に合格する!できなかったら皆にランチをおごるよ」なんて豪語してしまうことです。

他人に絶対合格と宣言してしまえば、もうイヤでもやらざるを得ません。合格できなければ、恥をかいて、お金も失ってしまいますから。

他にもやり方はあると思いますが、いずれにしても何かしらの形で自分を「勉強しないといけない状況」に追い込んでしまうのが効果的です。

周囲の意見は無視する

高校生が独学で宅建試験に合格するには、周囲の反対は無視しましょう。

高校生が独学で合格できない理由として「周囲の理解が得られない」と指摘しました。

でも、そもそも理解を得る必要なんてないんです。

あなたは、あなた自身が宅建を取りたいと思ったのなら、周囲の理解などとは無関係に、自分の道を突き進んでください。

教材費や受験料の準備が要るのであれば、アルバイトをするとか、祖父母に頭を下げて借りるとか、何かしら方法があるはず。

何が何でも宅建を取るんだ!と鬼気迫る勢いで勉強していれば、そのうち周りは何も言わなくなります。

あとは、実際に宅建試験に合格して見返すだけです。

そうやって目標を達成して皆を驚かせたほうが、きっと楽しいですし、自信にもつながりますよ。

周囲の反対があっても無視して、強い意思で試験合格を目指しましょう。

大まかな学習計画を立てて実行する

高校生が独学で宅建試験に合格するには、大まかな学習計画を立てて実行しましょう。

高校生が独学で合格できない理由として「計画的な学習に慣れていない」と指摘しました。

確かに慣れていないかもしれませんが、正直、大人でも「慣れている」と言えるほどの人はあまりいません(^^;)

ここはひとつ、初めての試みかもしれませんが、自分なりに学習計画を立ててみてください。

綿密な計画である必要はありません。

まずは、「自分で設定した学習期間」において「1日何時間勉強するか」を決めましょう。

その際には次の記事の内容が参考になると思います。

宅建の独学に必要な期間は?計算方法と目安を解説
【宅建士合格ブログ】宅建の独学期間は3か月でしょうか?それとも半年?具体的な計算方法と目安を提示します。

1日何時間勉強するか決まったら、その通りに勉強すればOK。

それだけでも、多くの「計画的に勉強できない大人たち」を追い抜くことができます。

毎日積み重ねていけば、宅建試験の合格に必要な力は必ず身についていきます。

学習の仕方や学習内容で不明点が出てきたら、その都度Googleで検索すれば、答えは見つかるはずです。

このブログの他の記事も参考になるかもしれません。

偉大な目標の達成のために、まずは最初の一歩として、計画を立てて実行してみてください。

この記事のまとめ

今回は「高校生でも独学で宅建試験に合格できる理由と、その方法」というテーマでお伝えしました。

記事のポイントは次の通りです。

  • 高校生でも独学で宅建試験に合格できる。ただし、できないと言う人もいる
  • 高校生が独学で宅建試験に合格するためには「合格できない理由」を潰せばよい
  • そうするための具体的な方法は「自分を追い込む」「周囲の意見は無視する」「大まかな学習計画を立てて実行する」の3つである

以上参考になれば嬉しいです。

▼こちらの記事も人気です▼

一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。
フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。
スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。

コメント