宅建に受からないヤツの特徴wwwwwwwwwww

「宅建士試験に落ちる人ってどんな人? 落ちた原因は? 事前に知って対策したい!」

「勉強もしたし模試も受けた。それでも合格できる自信がない。やれるだけのことはやったが、他にできる対策はあるだろうか…」

「本番の試験受け終わったけど、もうダメ!絶対不合格に違いない。来年は受験したほうがいい?」

宅建士試験に何度も不合格になってしまう人って、結構いるものです。自分がそうなってしまうことは絶対に避けたいですよね。とはいえ試験は年に1回しかありませんから、人並みに勉強をしていても不安を感じてしまうのは仕方がないことだと思います。

そこでこの記事では、宅建士試験で不合格になってしまう人の特徴を述べ、どうしたらあなた自身が不合格にならないで済むか?という対策についてお話していきたいと思います。この記事を読み進めていくと、次のようなメリットが得られます。

  • 宅建士試験の不合格者に共通している特徴・不合格の原因が分かる
  • 試験日までラスト1ヶ月の時点からどのような対策をすれば良いか分かる
  • 万が一落ちてしまったとき、次年度どうすれば良いのかが分かる

宅建士に落ちる人・落ちた人は、ある意味では「先生」です。反面教師という言葉を知っている人ならお分かりでしょう。「この人のようにはなりたくない」と考える人物がいれば、その人を先生だと思ってよく観察し、自分も彼らと似た行動をとってはいなかったかと反省し、改めていくのが効果的なのです。

以下、反面教師の例がたくさん出てきますので、あなたの行動の振り返りに利用してみてください。

スポンサーリンク

宅建士試験に落ちる人の特徴・落ちる原因

まずは私の周囲にいた「あぁ…この人はきっと今年落ちるなぁ」「案の定、落ちたなぁ」「来年も多分落ちるなぁ」という人達の特徴を見ていきます。特徴と言っても色々あるのですが、特に不合格の原因になっている特徴をピックアップします。

計画性が無い

宅建士試験に落ちる人というのは、「計画」が全くできていません。受験を決めたきっかけからしてフワッとしていて、「あっ 宅建士取れたら給料も上がるし、何か良さそう。ちょっと勉強してみよ~ 」という気まぐれな発想だけだったりします。そうして、週末などヒマで気が向いたときにだけ勉強するのです。

そういう人は大抵、「ちょっとずつ勉強していれば、受かるかも。運も良いほうだし」みたいな考え方をしているようです。当たり前ですが、そんな脳内お花畑的ポジティブ思考では絶対に合格できません。本気で合格したい人は、本気で合格を狙ってくるのです。用意周到に準備して、命を削る思いで勉強を続ける人達に、ノリで勉強している人が勝てるわけがありません。

宅建士試験に合格できるかどうかは、1にも2にも「計画的に勉強できるか?」という点にかかっています。計画的に勉強できれば、半分くらいは合格できたようなものです。そのくらい重要だと思うので、受かる人の考え方をまとめた記事でも、「合格する人は計画している」と述べました。

宅建士の最強合格法!運に頼らず受かるコツと成功者の勉強法
宅建士試験の合格法は、過去の合格者に学びましょう。合格した人達は何を実践したのでしょうか?どうすればライバルに勝って合格を手にすることができるのでしょうか?私の経験と周囲の合格者の振る舞いをもとに、合格のコツをお伝えします。

現実を直視できず、妄想の中で生きることを良しとする人には、計画性がありません。計画ができないから、試験にも合格できません。あなたには計画性がありますか? もし少しでも自信が無ければ、上の記事も合わせて読み進めてみてください。

独学にこだわっている

宅建士試験に落ちる人、特に毎年落ちている人に多いのですが、不思議なことに独学にこだわり続けています。お金が無いのか、通学・通信という選択肢を知らないだけなのか分かりませんが、自分の力だけで勉強しようとします。もしかすると、周りに独学で合格した人がいて、自分にもできると早合点しているのかもしれません。

私が思うに、宅建士試験で独学して良いのは「勉強のセンスのある人」だけです。子どもの頃から勉強が好きだったり得意だったりして、クラスでも成績が1番か2番くらいに良く、「優秀だね」と言われてきた人だけなんです。

そういう人は、生まれてから宅建士試験を受けるまでの数十年の間に「勉強はこうすればうまく行く」という自分なりの戦術を見出して、体得しています。だから大抵のことは独学で何とかやり遂げてしまいますし、独学独習のプロセス自体を楽しいと思っています。宅建士試験にも全く同じ姿勢で臨みますが、数十年に渡って積み重ねてきた成功体験があるので、難なく乗り越えてしまうんです。

宅建士試験に落ちる人は、そのことが理解できていません。ある人が独学でうまくいったのは、その人が優秀であり、人生の中で独学のセオリーを身に付けてきたからだという背景事情を見抜けていないのです。だから自分にもできると安易に判断しています。

厳しめに言うなら、勉強が好きでも得意でも無い「凡人」が独学にこだわり続けるというのは、明らかに判断ミスなんです。独学は、参考書選びから学習の順序・内容、日々のスケジュールまで、あらゆることを自分の力で決めなければなりません。貴重なエネルギーと時間を、勉強そのものではなくその周辺のことに割かなければならないわけですが、普通の人がこれをやりだすとすぐに燃料切れになってしまって、挫折・失敗のもとになります。おすすめできません。

謙虚な「凡人」であるならば、独学にこだわるのではなく、素直に他人の力とお金の力に頼りましょう。宅建士という資格は、幸運なことにたくさんの通信講座・ウェブ講座や通学講座が提供されています。それらを利用すれば、参考書選びやスケジュール等々の余計な作業を省略して、即座に質の高い教材で学習を始めることができます。

独学で合格できれば、確かに費用も安く済み、格好良いかもしれません。でもゴールはそこではないはず。手に入れたいのは「合格」であって、そこに至るプロセスは問題ではありません。それならば、思い切って独学を避け、少しお金を使ってショートカットしてみる、そのくらいの柔軟さを持ちたいものです。

お金を使わなくても、無料で試してみるという方法もあります。

どちらもオススメです。

宅建士に興味が無い

宅建士試験に落ちる人は、宅建士という資格や不動産事業に根本的に興味が無い人が多いです。だから勉強も長続きできず、身に付かず、結局不合格になります。

興味が無いのになぜ受験するのかと言えば、多くの場合会社の上司や親に言われて、イヤイヤやっているのです。このような人達は、自分のプライベートの時間を使って勉強するのですが、本来自分のものである時間を自分のために使えず、興味の無い勉強に費やすわけですから、感じるものは苦痛以外の何ものでもありません。ある意味とても可哀そうです。

こういう人の場合、突き放すようですが、早めに宅建士資格のことは見切ってしまったほうが、有意義な人生になります。つまり、宅建士合格は諦めて、自分が本当にやりたいこと・本当に楽しいと思えることに時間を使うのだと方針転換をするのです。そのほうが、あなたにとって有意義な時間になることはもちろん、その時間で生み出した価値を社会に還元すれば、社会的にも有意義な時間の使い方になります。

ZOZOTOWN代表の前澤友作氏が、「この国をどうしたいの?」と聞かれたので考えてみました。という記事で、こんなことを言っています。

仕事を楽しむ、ということと、生産性が高まる、ということは、実はセットです。

人は楽しんで集中している時に、一番生産性が高くなります。逆につまらないことをダラダラしている時に一番生産性が低くなります。みなさんも身に覚えあると思います。

上記は仕事観について語ったものですが、資格の勉強についても全く同じです。つまらない勉強を続けることは低い生産性しか生みません。逆に言うと、宅建士をつまらないと考える人が「宅建士って面白い!」と思って勉強している人に打ち勝つのは、困難を極めます。

…それでも、どうしても受験を辞めることができないという人もいるでしょう。それならば、少しでも宅建士に興味を持てるように、工夫を始めれば良いと思います。興味関心の重要性とその高め方について書いた次の記事が参考になると思います。

最も簡単で楽に宅建士試験を攻略する方法。合格は難しくない!
宅建士試験に合格することは、実はそれほど難しくありません。むしろ楽で簡単なことですらあるのです。自分には無理かも…と思い込んでいるあなたに、合格者である私のマインドセットを教えます。

ラストスパートでできること

宅建士試験に合格するためには、実は受験日まで1ヶ月を切ってからのラストスパートが非常に重要です。最後の1ヶ月間を頑張りぬける人は合格していきます。逆に、最後の1ヶ月間で正しい学習ができなかった人や、勉強以外のことに時間を使ってしまった人は、不合格になってしまうのです。

そこで、このセクションではラスト1ヶ月であなたが何をするべきなのかをまとめておきます。これまでの学習成果を土台にして、もう1段階か2段階、上のステップへ登る方法です。点数にして2点~4点のアップを狙います。大丈夫、あなたならできるはず。

ラスト1ヶ月でできること

試験当日までラスト1ヶ月の時点からできること。これは当ブログの色々なところで言っていますが、予想問題集(市販の予想模試)をやり込むことです。冗談抜きで、あなたの力はめきめきと上がります。何しろ、過去の出題傾向から「今年はこれが出る」と予想した問題が特集されているわけですから、試験結果に直結すると言っても過言ではありません。

予想問題集を解くのにはもう1つ重要な側面があります。それまであなたはおそらく過去問題集を繰り返し解いていると思います。ですが、繰り返しというのはどうしても「慣れ」が生じてしまうんです。人間は、1度読んだ問題文であれば、2回目以降は自然に読むスピードが速まりますし、回答スピードも非常に早くなります。

早くなるなら良いじゃん、と思われるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。繰り返し問題演習をした後に模擬試験などを受けると分かりますが、初見の問題を読んで回答するととても時間がかかり、かなり焦るのです。過去問を繰り返し解くことは、知識の定着という意味では確かに良いのですが、「問題を読んで解く作業には時間が必要」という現実を忘れさせてしまうという負の側面があります。

そうだとすれば、試験本番の日を迎える前に、初見の問題に少しでも多く触れておくことが大切です。「初めて解く問題は思ったよりも時間がかかるし、難しく見えるものなんだ」と体感できていれば、本試験でも精神的な余裕ができます。この余裕の有る無しが、本番のパフォーマンスに決定的な影響を与えます。

ラスト1ヶ月時点で、既に予想問題集を1冊やり終えているよ、という人もいるかもしれません。では、追加でもう1冊やりましょう。予想問はいくつかの大手資格対策予備校が出しますので、内容が異なるものを数冊は購入できます。私は予想問題集を3冊やり込むことで40点取れましたので、あなたもそのくらいを目指してください。

ラスト1週間でできること

ラスト1週間を切ったら、新しいことに手を出すべきではありません。これまでの積み重ねの中で見えてきた「課題」に取り組むというふうに考えたほうが良いでしょう。

あなたは、あなた自身の苦手な分野や、繰り返し間違えている問題を知っていると思います。そこを徹底的に叩きます。ただ問題を解くというよりも、「なぜ苦手なのか?なぜ何度も間違えてしまったのか?」を冷静に分析し、原因を突き止めるのが良いと思います。根本原因を潰してしまえば、もう不正解になることはありません。

私が受験勉強をしていたときの経験をお話しすると、過去問や予想問を解いた後は、問ごとに正解できたかどうかを記録するようにしていました。そのため、記録を見れば繰り返し間違えている問は一目瞭然で分かりました。

後は、「なぜ間違ったのか?」を考えていくわけですが、私の場合は、テキストの内容を理解・記憶できていなかったというよりも、問題文の読み間違いや早とちりが失点の原因となっていることが多かったです。「間違っているものを選びなさい」という問なのに、「正しいものを選ぶ」ということをしてしまう、というような例です。それに気づいてからは、問題文の最後の「正しいものを選べ」「間違っているものを選べ」に下線を引くという対策をするようにしたので、その種のケアレスミスは激減しました。

このように、自分で自分の弱点を潰していくということを最後の1週間でできる限りやっていきます。

ラスト1日でできること

いよいよ明日は試験…ということは、その日は土曜日のはずです。最後だからといって追い込みの勉強をするのではなく、勉強はいつもより少なめにして、早めに切り上げてしまいましょう。宅建士試験は積み重ねが大事なのであって、最後の日のみの頑張りが試験結果に多大な影響を与えるということはありません。それよりも、最後の土曜日はコンディション調整のほうが重要です。

ご飯は胃腸に良いものを、適度な分量食べるようにしましょう。消化の悪いものを食べたり、好きなものを食べすぎてしまったりすると、翌日のパフォーマンスに影響します。肉や油ものを控えて、野菜と魚、豆を中心とした食事がおすすめです。(「女性が好む健康食」をイメージすると良いです。)

夜になったら、試験会場への行き方を復習し、持って行くものを確認し、準備万端調ったら、就寝します。時間帯はいつもより少し早いほうがいいです。もしかすると緊張してなかなか寝付けないかもしれませんが、「今日まで頑張ったから大丈夫!」と自己暗示をかけてください。

それでもなかなか眠れないときは、首や肩をマッサージして揉みほぐします。眠りに入れなかったとしても、とにかくベッドで横になって、リラックスした心で、ゆっくり脳を休めることが大事です。体を温かく保って、目を閉じて静かに過ごしてください。

ラスト1時間でできること

試験会場には試験開始の1時間くらい前には着いておくのがベストです。会場で受け付けを済ませ、自分の席を探します。意外と分かりにくいので、どうしても分からなければ会場スタッフに尋ねればOKです。

自分の席が分かったら、次は最寄のトイレを探しておきます。上の階や下の階のトイレが利用できるかどうかも確かめておくと良いでしょう。試験直前のトイレは非常に込み合うため、代わりのトイレを見つけておくのです。

トイレの位置確認が終わったら、席について精神統一です。周囲の人は必至にテキストを読んだり問題を解いたりしているかもしれませんが、あまり気にしてはいけません。それよりも心を落ち着かせ、今日までの自分の努力を振り返り、「きっとやれる。問題が解ける。合格できる」と自分自身にメッセージを送り続けてください。

繰り返しになりますが、宅建士試験は積み重ねがモノを言う試験です。この時点で、どの受験生も合格するかどうかはほぼ決定しています。最後の悪あがきは通用しません。あなたがするべきことは残り3つです。

  • 筆記用具と受験票を机の上に並べること
  • 緊張をやわらげるため、目を閉じて深呼吸をすること
  • 「さあ、やるぞ!」と心の中で唱えて、自信を高めること

ベストを尽くしましょう!

来年も受験するべきか?

試験は悔いなくやり切った!でも、どうしても力及ばず…という場合も、人によってはあるでしょう。試験までの日数が無かった、モチベーションの維持が難しかった、プライベートで事件があり勉強どころではなくなってしまった…等、様々な事情で合格を手に入れることができない場合がありえます。

そんな場合に向き合わなければならなくなるのが、「来年も受験するべきかどうか」という問題です。宅建士試験の受験準備には費用も時間もかかりますし、精神的な負荷も大きなものがあります。次の年も受験しようというのなら、今年と同じかそれ以上のコストが必要かもしれず、悩ましい問題になるのです。

そんなときは、2つの問いかけを自分自身に投げかけてみると良いと思います。2つの問いかけとは、「どうしても宅建士の資格を取りたいか?」ということと、「今年度の悪かった点を見つけ出して、次年度は改善できるか?」ということです。

「どうしても宅建士の資格を取りたいか?」というのは、あなたの心の状態に関する問いかけです。宅建士試験は合格率15%の狭き門となっています。このような競争の世界では、「合格したい!」「資格を取りたい!」という強い思いが無ければ、勝つことは難しいのです。

「今年度の悪かった点を見つけ出して、次年度は改善できるか?」というのは、合格できなかった理由を自分なりに見つけ出せるのかということです。何が悪かったのかが自分で意識できなければ、改善することができず翌年も同じ結果になってしまうことでしょう。逆に自分の不備・不手際を客観的に洗い出せるなら、次年度こそは合格することができるはずです。

上の2つの問いかけの両方に「YES」と答えることができるなら、あなたは来年度も受験するべきです。1年近く時間もありますから、次こそは必ず合格するのだと闘志を燃やして、もう一度頑張りましょう。私もこのブログに情報を書いていくことで、あなたのリベンジを応援したいと思います。

ひとつ知っておいて欲しいのは、あるとんでもないハンディキャップを乗り越えて合格した人の話です。その人は、「どうしても宅建士の資格を取りたい」という思いだけで何度も受験をしましたが、4回失敗しました。5度目の受験の際は、勉強方法を大きく改善することで見事に合格を果たしました。

「合格したい」という思いだけでは不十分で、「改善する!」という思いが不可欠なのだということが分かる好例です。ところで、こちらの方が乗り越えたハンディキャップとは何だったのでしょうか? それは非常に高いハードルで、私はその話を知ってとても驚きましたが、人間にはこんなことも可能なのだと非常に勇気づけられました。詳細は次の記事を読んでみてください。

再受験で落ちた人に伝えたい「宅建士試験の勉強法」の話。
宅建士試験って、なんだかんだ言っても国家試験資格の試験です。難しいです。 昔は「バカでも受かる」なんて言われた時代がありました。当初は「テキスト持ち込みOK」の試験だったとか。 でも現在は、難化に次ぐ難化で、合格したくて...

特別付録:絶対避けたい!落ちる人のカッコ悪い行動

宅建士試験で毎年のように落ちている人には、共通しているいくつかの「カッコ悪い行動」があります。その人自身の学習能力の低さを端的に示しているようで本当に格好悪いので、ぜひやめていただきたいものです。以下、そんなみっともない行動をまとめてみましたのでご覧ください(^^;)

合格者を見ると「勉強教えて!」と言う

宅建士の合格者を見かけると、「勉強教えて~!(><;)」と言う人がいるんですよね…。厚かましいというか、他者依存性が強すぎるというか。「宅建士くらい、自分で勉強して自分で取れよ!」と言ってやりたくなります。

どうしても誰かに教えてもらいたいなら、少しお金を払ってスマホで講義でも見たら良いんです。宅建士通勤講座のビデオ講座、超分かりやすいですよ。何回でも繰り返し聞けますし、おすすめです。

宅建士通勤講座を使った感想!100の口コミより役立つ39の画像。多忙な人に超おすすめのウェブ講座です!
「スマホで学べる通勤講座」の宅建士講座を購入し使ってみた私個人の「口コミ」です。使用感をイメージしやすくするために画像を豊富に盛り込みました。外出先(ミスド)で通勤講座を使ったときの様子もお見せします。ぜひ通信講座選びの参考に!

「見直したら間違えたんだよね~」と言う

前の受験の時の思い出をおもむろに話し出して、「最後に見直しでアッ!と間違いに気が付いて直したら、直さないほうが正解だった!あれが無かったら受かってたなァ~~」という人…。

いやいやいや! たぶん無意識のうちに別のところも間違っているでしょ。それに、1問や2問で合否が分かれるくらいの点数しか取れないのなら、正直どっちにしろ落ちてたと思います。こういう言い訳は実力の無さをアピールしているだけで、超恥ずかしいので絶対にやめましょう。

合格発表後「自己採点では受かってたのに!」と言う

合格発表が終わった後、「自己採点では合格だったびに!」とか、「受かってるはずなのに、絶対おかしい!」と言い張る人。

もうね、なんというか…

論外。

「落ちる人のカッコ悪い行動」まとめ

以上、宅建士試験に落ちていく人の格好悪くて情けない言動を見てきました。こんなことじゃあ、いけませんよね。上記のような行動をあなたの周りで見かけたら、心の中で笑い飛ばしてしまいましょう。

優秀で謙虚なあなたには、おそらくひとつも当てはまることは無かったと思います。ありませんでしたよね? まさかね…

…もし、もし万が一、あなたに少しでも心あたりがあったとしたら、ちょっと危険な兆候かもしれません。合格への道から逸れてしまわないよう、気を付けてくださいね!

この記事のまとめ

以上、宅建士試験に合格できない人の特徴と受からない原因、不合格にならないためにラストスパートでやるべきこと、翌年の行動指針の決め方について、お話をしてきました。この記事のポイントをまとめておきます。

  • 宅建士試験に落ちる人は、計画性が無い上に独学にこだわり続けたり、根本的に宅建士に興味が無かったりする
  • 残り1ヶ月のラストスパートで重要なのは、予想問題演習、苦手な問題・分野の克服、十分な休息と精神統一である。
  • 来年も受験するべきかどうかを決める際には、「どうしても宅建士をとりたいか?」「今年度の悪かった点を次年度改善できるか?」と自問自答してみると良い

冒頭で述べたように、宅建士試験で不合格になっている人々は「反面教師」です。彼らからは「してはいけないこと」「避けるべきこと」「やめるべきこと」をたくさん学ぶことができます。ちょっと申し訳ない気もしますが、彼らを踏み台だと考えて、試験という競争社会の中であなたの実力を伸ばすきっかけのひとつにしていくと良いのではないでしょうか。

コメント