宅建士テキスト学習の3つのコツとは?独学一発合格の経験から得た学びをシェア【有料公開】

こんな悩みや疑問に答えます!

テキストの内容が全然覚えられない。難しい…

集中力が無いから、読んでいてもすぐ気が散ってしまう

内容が分からないから先に進めない!

テキストを読むことは、宅建士の学習の最初のステップです。でも、しばらく続けているうちに「今のやり方で良いのかな?」と不安になってしまう人は多いように見えます。

実は、最初は皆そう感じるんです。だって、宅建士って国家資格じゃないですか。誰でも国家資格の勉強は不慣れですし、迷いますし、悩んでしまいます。あなたが失敗したり心配したりしたとしても、全くおかしなことではありません。むしろ自然なことだと私は思います。

とはいえ、学習上のネガティブな要因はできるだけ避けて、効率よく学んでいきたいですよね。そこでこの記事では、「宅建士テキスト学習の3つのコツ」をお伝えしたいと思います。コツさえつかめれば、テキスト学習はテンポ良く、生産的に進みます。

実は、私は宅建士・管理業務主任者という2つの不動産系国家試験に一発独学合格しています。今回シェアするのは、その経験から得た学びです。記事を読み進めていくと、あなたは次の3つのメリットを得られます。

  • 「暗記しないで読むコツ」が分かる
  • 「集中して読むコツ」が分かる
  • 「ドンドン読み進めるコツ」が分かる

これらのコツはどれも、私が「こうすれば最短距離で合格に近づける!」と確信している内容です。以下で詳しくお話ししますので、最後まで読んでいただき、あなたの学習にぜひ取り入れてください。

コメント