宅建テキストの読み方。3つのコツを教えます!理解すること・集中すること・前進することに重点を置いた、効果的な宅建攻略法。

読む人

「宅建脳」という言葉があります。宅建の学習を積み重ねていくことで形成される、宅建攻略に最適化された状態の脳、というような意味でしょうか。

私はこの表現が結構好きです。独学しているときも、宅建脳を作るぞ!という心づもりで学習していました。

宅建に確実に受かろうというなら、試験日までの間は宅建にたっぷりと浸かり、どんな問に出会っても、正解であろう選択肢1つに絞り込んで回答できる、そういう脳にしておきたいおきたいものです。

さて宅建脳を醸成する第一歩は、やはりテキストの読み込みです。今回は、テキストを読む際に気をつけたいことを3つ、記していきます。

スポンサーリンク

暗記せず、理解する!

thinck

宅建の学習全体に言えることですが、暗記しよう、無視やり覚えようというのは、基本、やめましょう。そんなことしても、すぐに忘れてしまいます。人間の脳は忘却するようにできているのですから、単なる暗記ではそうなるのは必然です。

むしろ重視したいのは、理解すること。結論や条文を暗記するのではなく、なぜその結論になるのか、なぜその条文の規定が望ましいと考えられるのか、その理屈を知るように努めましょう。

もしテキストに理屈が記載されていなければ、その理屈を自分なりに想像したり、調べたりしましょう。とにかく徹底して、「なぜそうなのか?」を考えるクセをつけてください。

理解はなぜ重要?

なぜ理解することが重要なのでしょうか。

理解するとは、「結論を導くプロセスが分かる」ということです。プロセスになじんでおくことによって、仮に結論を忘れたとしても、自分でプロセスを追って結論を導くことができます。

たとえば、民法のこんなケース。Aは強迫または詐欺の被害を受けて、Bにモノを売ってしまい、Bがさらに善意のCに売ったときを考えてみます。

Aが強迫によってモノを売ってしまっていた場合は、善意の第三者Cに対して「取り消すので返してね!」と主張できますが、Aが詐欺によってモノを売ってしまっていた場合は、そのようなことは認められていません。

強迫なら取消OKだけど、詐欺なら取消できない、というのはいずれも結論ですが、なぜそうなのか。

たいていのテキストには書いてあると思いますが、強迫の場合は意思表示をした人Aには落ち度が無いと考えられるので、最大限その人を守るため、第三者Cに対して取消の効果を主張できることになっています。他方、詐欺の場合は騙された意思表示者Aにも一定の落ち度があると考えられるので、第三者Cへの取消の効果の主張までは認めていません。

太字+下線部分が「理屈」の部分です。この部分は、「言われてみればそうだよね」という内容なので納得しやすく、特に暗記を意識していなくても、記憶に残りやすい部分です。

ここを押さえておけば、結論そのものを忘れてしまっていても、理屈のプロセスを経ることで簡単に結論が導けます。「強迫と詐欺とでは、取消の効果を第三者に主張できるのはどっちだっけ?」と迷ったとき、落ち度が無いのは強迫されたほうか、詐欺で騙されたほうか?と考えればいいわけですから。

脳科学的にも理解は重要

また、結論に至るプロセスをおさえておくことによって、結論自体も忘れにくくなります。ここで、最近流行っている脳科学的な話をしておきましょう。

脳内の記憶は、ニューロンという細胞が互いに結合し、ネットワークを形成することで作られます。

いま、結論だけを記憶するために脳内ネットワークを作ったとします。でも、このネットワークは単純なのですぐにプチッと切れてしまいます。忘却とはこういうことで、後で情報を引き出そうとしても、もうネットワークが切れてしまっているわけです。

そうならないためにはどうすればいいかというと、結論を記憶するためのネットワークの周りに、さらにその結論に至るプロセスについてのネットワークを張り巡らせて、補強しておけばいいのです。

そうすることで、記憶のネットワークはより長く保持され、結論を容易に忘れたりはしなくなります。

集中して読むための仕掛けをする!

仕掛けづくり

宅建のテキストは、特に初学者にはぶ厚く感じられ、読んでいるとなんだかボーッとしてしまうことがよくあります。内容についていっていないのに、目が字面だけを追っている、という状態です。

せっかく時間を使って読み込んでいくわけなので、できるだけ集中して、効率的に読んでいきたいですよね。そのためには、「集中するための仕掛け」を作っておきましょう。うまく仕掛けることができれば、テキストをしっかり読み進めていくことに失敗しなくなります。

集中して読むための仕掛け(1)

「集中して読むための仕掛け」として、私が受験生時代に採用していたのは「サブノートを作ること」でした。サブノートを作るには、テキストの内容が理解できている必要があります。なので、自然とテキストを真剣に読むようになります。

これはこれで効果的です。ただ、以前の記事にも書いたように、サブノートを作る作業は非常に時間を使ってしまいます。なので、あまりおすすめすることはできません。

集中して読むための仕掛け(2)

むしろ私がおすすめするのは、「重要なところやキーワードに線を引く」というものです。

「重要なところには線を引く」というのを自分のルールとして持っておけば、常に「重要なところはどこか?」ということを意識しながら読むようになります。もし、線があまり引けていなかったら、「あ、ボーッとしてたかも」と気づくことができ、セルフチェックにも役立ちます。

実際、私は、宅建合格後にはじめた管理業務主任者の学習では、そういうやり方でテキストを読みました。

分からなくても先に進む!

go

宅建の学習内容は、民法、宅建業法、その他の法律が複雑にからみあっています。テキストでは、学習の便宜のために「民法編」「宅建業法編」「法令制限編」「税その他編」のように分けて並べていますが、実は結構無理やりこのように整理しているところがあります。

実際には法律は絡み合っているので、テキストで順序良く学習していく際には必ず「?」と思うところが出てきます。そういう部分は、他の法律を学習したことが前提になっています。まだテキストを一読も終わっていない学習者にとっては、そこが分からないのは当然のことです。

なので、テキストを読んでいて「分からないな…」と思ってもそれほど気にするべきではありません。テキストを一読したあとに、もう該当箇所を1回読めば、「あ~なるほど」と分かるはずです。

とにかく、まずは分からなくても前進して、少なくとも1回は通読することが重要です。ただ、のんびりやっているとだらけてくるので、テンポよく読み進めて行きましょう。

どうしても知りたいときは

ところで、どうしても読んでいる最中に分からない部分を解消しておきたい、と感じる人もいることでしょう。私自身は結構そういうタチです(笑) そういう方は、ネットで軽く調べるといいと思います。

あなたが疑問に思うことは、たいていは他の人も疑問に思う点です。故に、そのことをネット上の掲示板やYahoo知恵袋で質問している人を見つけることができます。その質問につけられた回答を見ることによって、ある程度納得感を得ることができます。

まとめ

ということで、私の宅建学習の経験に基づいて、テキスト学習の際の留意点を3点お話ししました。復習しましょう。

  • 暗記せず、理解する!
  • 集中して読むための仕掛けをする!
  • 分からなくても先に進む!

以上の点に気を付けて、効率的にテキスト学習を進め、「宅建脳」の基礎を作っていってくださいね。