「宅建は簡単すぎる」は嘘!独学で一発合格した私が実体験から真実を伝えたい

「宅建は簡単」は嘘!合格者の私が実体験から真実を伝えたい

宅建試験一発合格済みの宅建士Kiryuです(*^o^*)

今回は「宅建試験は簡単すぎる」という主張は嘘だという話をします。

客観的な指標をもとにお伝えするのはもちろん、私の経験から感じていることも語ります。

最終的に「宅建は簡単ではないが、合格すれば人生が変わる」という結論をあなたに贈ります。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「宅建は簡単すぎる」は嘘

結論を先にお伝えすると、「宅建は簡単すぎる」という意見は嘘です。

宅建試験の合格が簡単でないことは、客観的なデータからも、私自身の主観的体験からも、はっきりしています。

以下で、どうして「宅建は簡単すぎる」が嘘だと言えるのか、その根拠を見ていきましょう。

【根拠1】合格率

宅建試験の合格率は、例年15%前後です。

100人が受験したら、その中で合格するのは15人くらいで、あとの85人が不合格となります。

「簡単」と言えるのは、100人中せめて60人は受かるレベル、「簡単すぎる」は100人中80人が受かるくらいではないでしょうか。

合格する人が圧倒的に少ない中で、宅建試験が簡単だとは到底言えません。

なお、もう少し事実に近い数字を言うと、宅建試験は毎年20万人くらいが受験して、受かるのは3万人、残りの17万人が落ちます。

年に1回しか実施されない試験で大量の人が不合格者として脱落していくのは、なかなか過酷な現実です(^^;)

【根拠2】必要な勉強時間

宅建試験の合格に必要な学習時間は、300時間前後だと言われます。

毎日2時間勉強したとしても、およそ半年かかる計算です。

「簡単」とか「簡単すぎる」と言えるのは、どんなに多くても100時間以内の勉強で済むような場合ではないでしょうか。

宅建の場合、100時間の3倍はかかるのですから、簡単だとは言えません。

しかも、宅建試験の勉強をする人の多くはフルタイムの社会人です。

企業に週5日、一日8~10時間勤めている人が、半年間、毎日2時間もの時間を勉強に充てるのは、至難の業だと思います。

【根拠3】連続不合格も珍しくない

宅建試験は、連続で不合格になる人も珍しくない試験です。

どのくらいの人が連続で不合格になるのかについて、明確なデータはありません。

ただ、ちょっとした計算である程度の感覚をつかむことはできます。

先ほどお伝えしたように、宅建試験の合格率はおおよそ15%。

逆に言うと「不合格率85%」です。

そうすると計算上、2回連続不合格になる確率は85%×85%=約72%にもなります。

同様に、3回連続不合格になる確率は85%×85%×85%=約61%。

3回続けて落ちることも十分ありえそうですから、宅建が簡単だとは全然言えません。

※数学的に厳密な計算ではないので、あくまで参考にとどめてください。

INFO

4回連続不合格になるというつらい経験を乗り越え、5回目でやっと合格を勝ち取ったある男性の話を、別の記事で紹介しています。

再受験で落ちた人に伝えたい「宅建試験の勉強法」の話。
【宅建士合格ブログ】宅建試験で何度も不合格になっているあなたへ。「勉強法を見直して、5回目の受験で合格したある男性の体験談」をシェアします。

ぜひそちらの記事も読んでみてください。

【根拠4】私の経験から

ゼロから学習して合格できた私の経験から言っても、宅建試験は簡単に合格できる試験ではありません。

私の場合、毎朝早起きして1時間程度勉強していました。

残業が多くて夜はあまり勉強できなかったため、休みの日を使って勉強時間を確保しました。

どこにも行かずに、ほぼ一日引きこもって勉強することも普通でした。

過去問の解説を読んでも理解できず、答えを求めてネットを何度も何度も検索しました。

本試験が終わった後は、「もう2度と国家試験の受験なんてしたくない!」と思ったくらい。

…といいつつ、翌々年にはマンション管理系の国家資格「管理業務主任者」の勉強をしてちゃっかり合格しましたが。笑

とにかく私の経験から言えることは、半年くらいは趣味や遊びを慎んで、ひたすら宅建のことだけを考えるくらいのつもりでないと、合格できないということです。

それくらいの覚悟は要ります。

なので、簡単じゃないです(^-^;)

簡単すぎると言われる理由

では、宅建試験はなぜかくも簡単だと言われてしまうのでしょうか?

そこにはいくつかの理由があります。

昔は簡単だった

宅建試験が簡単すぎると言われる理由の1つめは、「昔は実際に簡単だった」ということです。

合格率の記事でお伝えしたように、最初の5年間の合格率は60%を超えており、その後25年ほどをかけてじわじわと20%を下回る水準に下がってきたという経緯があります。

宅建試験の合格率は?【60年間の推移と現在】
【宅建士合格ブログ】宅建試験の合格率をグラフ・表でわかりやすく示しています。昭和・平成から令和にかけての合格率の推移や、各種講座の合格率、5問免除対象者の合格率、女性の合格率なども紹介。

さらに言うと、最初の15年くらいは法令集の持ち込みが認められていたりもしました。

問題数も、当初は30問だったものが、段階を経て現在の50問にまで増えているという側面があります。

宅建試験は、実際に簡単だった頃のイメージをひきずっていて、現在でも簡単だと言われることがあるわけです。

他の国家試験に比べれば難易度が低い

宅建試験が簡単すぎると言われる理由の2つめは、「他の国家試験に比べれば難易度が低い」ということです。

資格の難易度ランキングを示した記事でお伝えしたように、同じ法律系国家資格でも、宅建より難しいものはいくつもあります。

宅建試験の難易度は?資格ランキングと私の受験経験をもとに3つのポイントを解説
【宅建士合格ブログ】宅建試験の難易度を把握できる3つのポイントをお伝えします。客観的なデータを挙げることはもちろん、私の実体験に基づいた考察も盛り込んで、わかりやすく伝えることを重視しました。

たとえば司法書士や不動産鑑定士といった資格になると、勉強時間は3,000時間、合格率は3~5%なんていう水準になります。

確かに、そういった難関試験と比べれば宅建試験はまだまだやさしいほうですね(^^;)

だからといって、あなたが宅建の勉強をして合格するのが簡単だと言うことには、もちろんなりません。

まぐれで受かった人もいる

宅建試験が簡単すぎると言われる理由の3つめは、「まぐれで受かった人もいる」ということです。

宅建試験がマークシート方式の試験だということはあなたも知っていることでしょう。

他の国家試験だと記述問題が含まれていることもよくあるのですが、宅建試験は全問マークシートです。

マークシートということは、つまり適当にマークしていても、それがたまたま当たっていれば合格してしまうということ。

ちょこっと勉強して、なんとなく受験したら合格したという奇跡を許してしまうのが、宅建試験なんですね。

そうやって合格した人が「宅建試験なんて簡単だ!」と言いふらすことがあり、それを信じてしまう人もいます。

しかし、言うまでもなくそういう合格の仕方には再現性が無いです。

宅建は簡単じゃない。でも…

ここまでお伝えしてきたことから、宅建試験が簡単に合格できるものではないということは、お分かりいただけたと思います。

でも、私が本当に伝えたいのはそんなことじゃないんです。

私が心の底からあなたに伝えたいことは、「宅建試験は独学で合格できるし、一発合格だって可能だし、合格すれば未来が変わるよ!」ということです。

独学で合格できる

宅建試験は、その気になれば独学でも合格できる試験です。

私は実際に独学で合格しています。そのノウハウは次の記事に詰め込みました。

一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。

もちろん、誰でも独学で合格できるかというと、完全には肯定できません。

自分で勉強することそのものに慣れているという性質は、あったほうが良いです。

勉強することに慣れていないなら、時間はもっと多くかかってしまうでしょう。

とはいえ、独学合格は私にだってできたのですし、他にも独学で合格する人は毎年たくさんいます。

あなたにだって不可能ではありません。

一発合格できる

宅建試験は、その気になれば一発合格も可能な試験です。

私は実際に一発で合格しています。そのノウハウも、次の記事に書いておきました。

一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。

簡単に言えば、最初から50点満点中の40点台を狙って勉強すれば良いということです。

合格点(35点前後)を目指すから、落ちてしまいます。

「あわよくば満点を取る!」くらいの意気込みで勉強しましょう。

「時間的制約が厳しい」「効率よく勉強したい」ということなら、独学を避け、通信講座の合格戦略に乗っかるという手もあります。

どの通信講座が良いかわからないという声が出そうですが、私がいくつも購入・受講してレビュー記事を書いています。

フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。
スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。
ユーキャン宅建士講座の口コミ・評判は?実際に受講してわかったこと
【宅建士合格ブログ】通信講座のユーキャン宅建士講座を実際に受講して、口コミ・評判を検証してみました。私が感じたメリット・デメリットについても詳しくお伝えします。

上記を参考にしていただき、自分に合いそうなのを選べばOKです。

一発合格は私にだってできたのですし、他にも初回受験で合格する人は毎年たくさんいます。

あなたにだって不可能ではありません。

合格後は未来が変わる

宅建試験に合格すれば、あなたの未来が変わります。

私の個人的な経験を言えば、宅建試験を受験したのは30歳になろうとする時でした。

当時、20代後半で生まれて初めて就職したのですが、その会社は見事なブラック企業で、追い詰められて半年で退職しました。

再就職のため何社にも応募をしましたが、書類選考で落とされるばかりで、全く泣かず飛ばず。

貯金も底をつきかけており、それでいて奨学金の返済はしなければならない。

もうダメだ、人生詰んだ…と思いました。

が、宅建試験合格後は全てが好転しました。

事実、即座に不動産管理会社へ正社員として就職することが決まったのです。

不動産会社で数年勤めた後、IT業界に正社員として転職。

その後は大手メーカー等にも正社員として転職しました。

どこへ面接に行っても、宅建資格を持っていることに言及されましたので、そこそこの印象アップにつながったようです。

といっても、宅建資格そのものに圧倒的な価値があるというわけではないとも思っています。

ポイントは、宅建合格という出来事が自分に自信を与えてくれたということです。

私は宅建のおかげで「行動すれば、その分だけ人生を変えられる」とハッキリ理解できました。

そのことが、その後の人生を大きく変える原動力になったと考えています。

※この辺の話は、次の記事で語っています。カテゴリー違いの記事ですが、興味のある人はどうぞ。

アラサー職歴なしだった私の末路とは?少しずつ前進し好転できた理由【ブラックからホワイトへの道】
職歴の無いまま20台後半~30代前半を迎えた人の末路が気になっていますか。元・アラサー職歴なしの私が、自分自身の過去と現在について書いてみました。現状を少しずつ変えていきたいならぜひ参考に。

ということで、私のあまりカッコ良くない人生経験から語ってみました。

私は、宅建合格をきっかけにして自分の人生を良いものに変えることができましたし、私以外にも、少なからずそういう人はいるはずです。

あなたの人生も、きっと変わります。

この記事のまとめ

今回は「宅建試験は簡単すぎる」という嘘について、私の考えをお伝えしました。

ポイントを復習すると、以下の通りです。

  • 合格率や必要な勉強時間といった指標から見ても、宅建試験の合格は簡単ではない
  • 宅建が簡単すぎると評価されることには、過去の状況や他資格との比較といった事情がある
  • 宅建試験は簡単とは言えないが、独学合格は可能であり、一発合格も可能であり、合格すれば人生が変わる

以上、参考になれば嬉しいです。

▼こちらの記事も人気です▼

宅建士おすすめマンガ6冊比較ランキング!画像33枚でレビュー。試験対策をマンガで始めるメリットも解説!
【宅建士合格ブログ】宅建士入門おすすめマンガ6冊をランキング形式で紹介します!試験対策の入門書としておすすめ。あなたがマンガを読むべき3つの理由もシェア。
宅建士おすすめテキスト11冊比較ランキング(独学用)
【宅建士合格ブログ】独学で一発合格した管理人が、宅建士のおすすめテキスト(独学用)11冊を購入・使用し、ランキング形式で紹介します!役立つ比較レビューであなたの受験勉強を応援。
宅建士の問題集。「おすすめ・ランキング」に頼らない選び方2020
【宅建士合格ブログ】宅建士の問題集は、どんな種類のものをどれだけ手に入れれば良いのでしょうか? 宅建士・管理業務主任者に独学一発合格した管理人の意見をお伝えします。

コメント