【なか見検索有】日経新聞&駿台『うかる!宅建士』テキスト・問題集まとめ【Kindle版有】

日経新聞&駿台『うかる!宅建士』テキスト・問題集まとめ

宅建試験に一発独学合格したKiryuです。宅建士の取得により「詰んだ人生を打破」できました。

大げさと思うかもしれませんが、本当にそう感じています。そして、かつての私と同じように行き詰りを感じている人の役に立てればと思い、日々ブログを書いています(^^)

さて今回は日本経済新聞社が出版している「うかる!宅建士シリーズ」をまとめてみました。このシリーズをひとことで言うと、日経と駿台がタッグを組んで開発した教材群です。その信頼感から支持する人が多く、人気の高い教材となっています。

以下でまとめていますので、Amazonレビュー・楽天レビューの確認やまとめ買いの際などに使ってみてください。(Amazon の「なか見!検索」でサンプル閲覧も可能となっています。)

スポンサーリンク

マンガ『うかる! マンガ宅建士入門』【Kindle版有】

日本経済新聞社の「うかる!宅建士」シリーズは、マンガからスタートしています。こちらです。

此林ミサ先生が描くドラマ仕立てのストーリーを楽しみつつ、宅建士の全体像をサクッとインプットできます。数ある宅建士マンガの中でも「圧倒的に絵がキレイで読みやすい」と評判です。(私も買って読んでみましたが、同感)

宅建士マンガランキングでも上位にランクインしました。宅建士の本格的な勉強に入る前の1冊として、おすすめです。

テキスト『うかる! 宅建士 速攻テキスト』

日本経済新聞社「うかる!宅建士」シリーズのテキストはこちら。

本書は、初心者の人が親しみを持って学べることを重視しています。そのため各章の冒頭に「マンガ+体系図」を掲載。何がポイントなのかが視覚的におさえられるテキストです。

学習者を悩ませる「判例問題の解き方」についてもページを割いて解説しています。受験を目指す人々への愛が感じられるテキストです。

テキストランキングでは画像入りでレビューしました。ぜひそちらも読んでみてください。

【Kindle版はこちら】

問題集『うかる! 宅建士 一問一答+予想模試』

日本経済新聞社「うかる!宅建士」シリーズの問題集はこちら。

一問一答形式の問題をメインとした問題集です。

単なる一問一答というわけではなく、過去問を分析して重要度の高い肢を取り出し、問にしてあります。つまり、重要度の低い肢は全て飛ばしながら過去問演習ができるということです。効率が良いですよね。

さらに、本書の一問一答は分野別に配列してあります。複数の関連する問をまとめて解くことができるので、その点でも学習効率を上げられます。短い時間で実力アップを図りたい人におすすめです。

さらにダメ押ししたい人のため、試験1回分の過去問(四肢択一式)と試験2回分の予想模試(四肢択一式)も収録しています。それにより直前期まで長く使える一冊となっています。手元に置いておくと安心感が高まる一冊です。

短期学習用テキスト『うかる! 宅建士 これだけマスター』

日本経済新聞社の「うかる!宅建士」シリーズは、通常のテキストとは別に、「短期学習専用」のテキストを毎年出しています。執筆時現在、2019年版が出ていませんので、2018年版を掲載しておきます。

ひとつの項目を学習→過去問を解く→また別の項目を学習→過去問を解く…の繰り返しで構成されたテキストです。

インプットの直後に過去問でアウトプットできるので、記憶が定着しやすいのが最大のメリット。この構成なら、1周読み終えるだけでも相当な実力が付くはずです。

本書のコンセプトは「3か月の学習」で合格を目指すというもの。宅建試験は10月実施です。6~7月頃にテキストを買う人は、前述のテキストよりもこちらの短期学習用テキストを選ぶのが良いと思います。

おわりに:正誤表・追録情報

「うかる!」シリーズの正誤情報は、下記に掲載されます。時々覗いてみてください。

(※上記リンク先で書名をクリックすると正誤表が出ます)

では今回はこの辺で。早めに買い揃えて、今年度は狙いを定めてビシッと合格してしまいましょう!

この記事はあなたのお役に立ちましたか? よろしければ、SNS やブログ等でご紹介をお願い致します。

情報を必要としている一人でも多くの人に読んでいただき、「良かった!」「助かった!」と思ってもらうのが私の願いです。

あなたのお力をお借りできれば嬉しく思います。

コメントや質問・要望なども励みになりますので、お手すきの際にお寄せくださいませ。

お読みいただき、ありがとうございます(*^o^*)

独学で宅建士
Kiryuをフォローする
スポンサーリンク
キリュログ

コメント