宅建のオンライン講座とは?実際に使った4講座をおすすめ順に紹介

宅建のオンライン講座とは?実際に使った講座を紹介

宅建試験に一発合格した宅建士Kiryuです。

今回は宅建のオンライン講座について解説します。具体的には「オンライン講座とは何か」「私が実際に受講した4つのオンライン講座(おすすめ順)」の2つの話題を提供します。

記事を一読していただくとオンライン講座がどのようなものか明確にイメージできるようになり、結果が出やすい講座選びが可能になるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

宅建のオンライン講座とは

宅建のオンライン講座とはインターネットを通じた学習ができる通信講座(WEB講座)のうちウェブ上でほぼすべての学習ができるタイプの講座を指します。

大きな視点から順番に考えてみましょう。まず宅建の資格対策講座は学校に通うタイプのもの(通学講座)学校に通わないタイプのもの(通信講座)に分けることができます。

通学講座と通信講座

通信講座は紙のテキストやDVDを郵送する伝統的通信講座と講義のインターネット配信等の新しい技術を取り入れているWEB講座に分かれます。

伝統的通信講座とWEB講座

ここまではWEB講座の解説記事でもお伝えした通りです。

WEB講座はさらに2つのタイプに分かれます。オフラインの教材を組み合わせることでカリキュラムが完成するものオンライン教材のみでカリキュラムが完成するものとの2つです。

オンライン講座の位置づけ

このうちの後者すなわちカリキュラム内のほぼ全ての学習をインターネット上で実施できる講座を指してオンライン講座と呼びます。

オンラインで学習が完結しますので紙の教材が一切無いことも珍しくありません。ただし現時点では紙の教材を必要とする人も多いため「紙の教材も一応用意してある(しかし必須ではない)」という講座も見受けられます。

実際に使った宅建オンライン講座4つをおすすめ順に紹介

当ブログの運営者Kiryuは4つのオンライン講座を購入して受講しました。それら4つをオンライン講座という枠の中でおすすめできる順に紹介していきます。

スタディング宅建士講座

スタディング宅建士講座はKIYOラーニング株式会社が提供しているオンライン講座です。

スタディング宅建士講座

スタディング宅建士講座の特徴は次の通り。

スタディングは紙の教材を無くしてオンラインのみで学習を完結させるスタイルを業界でもいち早く(2010年頃)打ち出しました。そのためオンライン講座としては最も長い歴史と実績を積み重ねています。

講座の内容が充実しているのは当然ですが、UI(表示画面)も非常に洗練されている点が見逃せません。宅建試験の学習用教材としてスタディングを選んだ人は非常に良質な受講体験を得ることができます。

価格の安さも相まってオンライン講座として第一にオススメできるのがスタディング宅建士講座です。

スタディング宅建士講座を受講して書いたレビュー記事はこちら。

スタディング宅建士講座を受講した感想【動画と画像でレビュー】
【宅建士合格ブログ】オンライン講座のスタディング(STUDYing)を購入し受講した感想をお伝えします。画像25枚と解説動画も掲載中。

スタディング宅建士講座の詳細は公式サイトで確認できます。

フォーサイト宅建士講座

フォーサイト宅建士講座は株式会社フォーサイトが提供しているオンライン講座です。

フォーサイト宅建士講座

フォーサイト宅建士講座の特徴は次の通り。

  • eラーニングアプリで講義動画の視聴・デジタルテキストの閲覧・デジタル過去問題集の閲覧・問題演習システムの利用等が可能
  • 受講生の合格率の高さに定評あり
  • 2020年度からeライブスタディを開始(宅建講師が講義を生配信)、2021年度からバーチャル講師が登壇(美少女アニメーションvTuber)するなど先進的な取り組みが多い

フォーサイト宅建士講座はもともと紙とCD・DVDを中心とした従来型の通信講座でした。しかし近年オンライン講座へと転換しつつあります。

変化の途上であることから紙のテキストや問題集も送られてくるのですが、それらと同じ内容のものをeラーニングアプリManaBunで利用できるのでオンライン講座としての受講が可能です。

最初に紹介したスタディング宅建士講座に比べると価格が高めとなっています。そのぶん毎年の受講生合格率も高い水準を維持しています。

フォーサイト宅建士講座を受講して書いたレビュー記事はこちら。

フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。

フォーサイト宅建士講座の詳細は公式サイトで確認できます。

オンスク.JP宅建士講座

オンスク.JP宅建士講座は株式会社オンラインスクールが提供しているオンライン講座です。

オンスク.JP

オンスク.JP宅建士講座の特徴は次の通り。

  • 通信講座としてはかなり珍しいサブスクリプション制をとっており、月額1,000~2,000円程度で宅建士講座を含めた40講座以上を受講できる
  • 宅建士講座は資格対策予備校TACの一流講師が担当
  • ウェブテキストが無いこと、および過去問の網羅性が無いことが難点

オンスク.JPの宅建士講座は純然たるオンライン講座で、紙やDVDといった教材は一切無く、完全にインターネットのみで受講します。専用サイトまたはアプリで講義を視聴しつつ、オリジナルの練習問題を繰り返し解いて実力を高めていきます。

宅建合格者の私としてはウェブテキストが無い点が少々気になります。宅建試験に合格するためには広範囲の知識が必要ですが、その全てを講義動画で得るのは困難だからです。

事実、多くの宅建士講座にはテキストが付属しています。先に挙げたスタディング・フォーサイトもオンラインテキストの利用が可能です。

オンスク.JP宅建士講座はテキストが一切無いため、基本知識をもっと身に付けたいと感じることがあるかもしれません(私は感じました)。その際は市販テキストを一冊購入するといった対応が必要になると思います。

オンスク.JP宅建士講座を受講して書いたレビュー記事はこちら。

オンスク宅建講座の口コミ・評判は?実際に受講して徹底検証
【宅建士合格ブログ】オンスク.JP宅建講座の口コミ・評判は本当?実際に受講して検証してみました。宅建士一発合格経験者の管理人が感じたメリット・デメリットやオススメプランをシェアします。

オンスク.JP宅建士講座の詳細は公式サイトで確認できます。

資格スクエア宅建士講座

資格スクエア宅建士講座は株式会社サイトビジットが提供しているオンライン講座です。

資格スクエア宅建士講座

資格スクエア宅建士講座の特徴は次の通り。

  • 現役の司法書士による講義(宅建士・行政書士にも合格済)
  • 2019年に始まったAI予想模試「未来問」が人気
  • 受講料が高い(2021年4月現在)

資格スクエア宅建士講座はインプット講座・アウトプット講座・直前対策講座・未来問から構成されています。大部分が講師による講義です。資格スクエアのサイトにログインして講義動画を視聴する形式となっています。アプリはありません。

資格スクエア宅建士講座は2021年度にリニューアルしたのですが、それに伴って受講料がかなり高くなってしまったのが残念です。スタンダードなプラン逆算プランで15万円ほど。

オンライン講座は一般的に受講料が安く抑えられているのですが、資格スクエア宅建士講座は逆に高価格帯の講座になっています。

そのぶん合格コンサルタントによる月1回のフォローアップを導入するなど他の講座には見られない特色もありますが、それにしても手を出しにくい…というのが私の感想です。

資格スクエア宅建士講座を受講して書いたレビュー記事はこちら。

資格スクエア宅建士講座の口コミ・評判は?実際に受講してわかったこと
【宅建士合格ブログ】資格スクエア宅建士講座の口コミ・評判を知りたいあなたへ。最新2021年版を受講してわかったメリット・デメリットをお伝えします。

資格スクエア宅建士講座の詳細は公式サイトで確認できます。

この記事のまとめ

online

今回は宅建のオンライン講座について解説し、私が実際に受講した4つの講座をおすすめ順に紹介してきました。要点を復習しましょう。

はじめに宅建のオンライン講座とはインターネットを通じた学習ができる通信講座(WEB講座)のうち、ネット上でほぼすべての学習ができるタイプの講座を指しています。

私が購入・受講したオンライン講座をおすすめ順に列挙すると次の通りです。

  • フォーサイト宅建士講座
  • スタディング宅建士講座
  • オンスク.JP宅建士講座
  • 資格スクエア宅建士講座

各講座の特徴についても見てきましたが、あなたに合いそうな講座はあったでしょうか。もし少しでも気になる講座があったら資料請求や体験利用に申し込んでみてください。

ネットで情報を探し続けるのではなく、自分自身でサンプルの講義を聴いたりサンプル問題を解いてみたりするほうが実感を伴った判断ができます。お金も一切かかりませんので気軽に取り組んでいただければと思います。

以上、参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました